■ 梅づくし

ここ数日続いてた早朝の涼風はマボロシだったのか
ちっとも気温が下がらない
風がなく 部屋の空気がぴくりとも動かない
こうも朝から暑いと ほんま息をするのもイヤになる
職場に着いても どうも体調いまいち
これが“夏バテ”なのかな
今日は土用の丑の日 うなぎを食べて頑張りなさいということか
(この日に備えて何軒かで食べたから今日はたべないけどね)

“夏バテ”はともかく
相変わらずトマト食べてます
キャベツ キューリももりもり
冷奴もミョウガを散らしてパクパク食べてます
このところ すごく気に入っているのが
ノンオイル梅づくし」というキューピーのドレッシング
このすっぱさが 食欲増進になります
これ 意外な組み合わせなんだけど 冷奴にもいいです!
今 使ってる醤油とポン酢がもうひとつだけに この梅味はいいね
(追加して2本買ってしまいました!)

暑いと思っていても
ビール飲んで野菜をバリバリ食べてると すぐに眠くなる
おかげでちっとも本が読めないょ~!

「先生、モモンガの風呂に入ってください!」(小林朋道 築地書館 ISBN:9784806714378)
この先生シリーズも6冊目(かな?)
相変わらず面白い
今回は モモンガの研究を兼ね地域住民との交流についても書かれています
写真で見るとモモンガはかわいいね
野性の姿を見るチャンスはそうそうないだろうけど
一度は見てみたいし 芦津の森を歩いてみたいような気もするなぁ...
ヒトデを使っての実験 カニの観察についても書かれていて
自然科学の実験方法について
理屈にあった予想を立ててそれを証明するために実験するんだなぁと発見もありました
これって ビジネスの世界でも応用出来そうですね
巻末にモモンガプロジェクトについて書かれてます
木彫りのモモンガ ちびっと欲しくなります...
でも 愛媛にもモモンガいるんです
少し古いけど「ムーチョン兵衛 山に帰る」(甲斐芳子 平凡社 ISBN:4582539076 品切)
この舞台 愛媛だそうです
同じ書き手さんが新刊も出しているみたいです
「ムササビの森のレストラン」(甲斐芳子 平凡社 ISBN:9784582539172)
読んで いつかこの森へも行きたいな!
[PR]
by hangzhou21 | 2013-07-22 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 暑いから積読 ■ 山岳コース >>