■ 伊吹いりこTシャツ

釣に行こうと思っても
釣道具がないどころか
釣具店がどこにあるのかすらわからない
大きな国道のロードサイトにあるんだろうけど
今まで気にしてなかったから ちっとも記憶に残ってない!
針とかオモリとか仕掛けも調達したいし
(まぁあんまり予算はかけられないけど)
ということで
ネットで調べて何軒かピックアップしときました
(実際にいつ行けるのかは不明だけどね)

梅雨が明けると一気に暑い
空一面 真っ青な夏空がピーカンと広がり 気が狂いそう
これでは 外へ出たくない!

午後から高松
会議が始まる前に商店街の乾物屋さんへ
こないだみかけた「伊吹いりこTシャツ」を買ってしまった
(これでガシラも大漁かな?)
高松でも銭湯でさっぱりしようと下調べしてたけど
会議が終わったのが21時半 もうそんな元気もなかった...


「蛍草」(葉室燐 双葉社 ISBN:9784575237986)

NHKラジオ 日曜夜の「新ラジオ名作座」
先日まで放送されていたのがこの「蛍草」
この番組の放送時間が変わって 今まではそう聴くこともなかったのに よく聴くようになった
だからお話しそのものは知っていた
なのに ラストの見開き その残り20行ほどで うるっと落涙寸前
心から「あゝ菜々良かったね」と思える
武士の娘菜々は訳あって風早家へ女中奉公へ出ている
この風早家の皆さんがいい人たちで すぐに菜々はこの一家に溶け込む
が 暗転
奥様佐知は労咳で帰らぬ人となり 主人市之進は嫌疑をかけられ北国へ送られる
幼い息子と娘を守るため 菜々は路上で野菜や草履を売って糊口をしのぐ...
菜々を取り巻く市井のひとたちもまたいい人ばかり
そうして 一気にお話しは動くんだけど
まぁ それは読んでのお楽しみ
すぐに読めます そしてじ~んと来ます
やや底が浅い気もするけど まずまずのお勧め
(文庫化されるまで待ってもいいかもね)
[PR]
by hangzhou21 | 2013-07-09 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 寿人ハットトリック! ■ ガシラ >>