■ バド

重たいのにザックの中に入れても
どうせ読まないと思っていたけど
帰りのフェリーで頑張って読みました!

「先生、カエルが脱皮してその皮を食べています!」(小林朋道 築地書館 ISBN:9784806714002)
この先生シリーズも4冊目
マンネリになることもなく
新鮮で面白いエピソードが詰まってます
今回の話題では先生がNHKのラジオに出演する件
この放送を(多分)聴いていたのに 
先生がスタジオに持ち込んだのはイモリではなくヤマネだと思ってた
ヤギ部というよりもヤギコの知恵と体力には驚きます
こんなユニークな先生の授業なら受けてみたいと思うのはボクだけではないだろう
それも 鳥取まで出かけていくのを厭わずにね
しかし カエルが脱皮するとは知らなかった!
それを自ら食べてしまうのなら見かけなくても当たり前かもしれない
そういえば もうず~っと蛇の抜け殻も目にしてないな
この夏に久万高原の面河山岳博物館で開かれる
「ぬけがらコレクション~脱皮で変身する生き物たち~」(7/20~9/1)
行ってみたくなってきた!

「ラブオールプレー 夢をつなぐ風になれ」(小瀬木麻美 ポプラ文庫ピュアフル ISBN:9784591134641)
この「ラブオールプレー」も三作目
バドミントンが主役の青春もの
熱血ではなくどこかクール でも 確かに熱い!
一作目は水嶋亮というどこか醒めたところを持つ少年が主人公
二作目は天才遊佐賢人が主役で
この三作目は今までどこか掴みどころのなかった横川祐介を中心に据えてが描かれる
バドがこんなにも激しく熱いスポーツだとは知らなかった
書き手さんの視線が熱くでもクール そしてどこまでも優しい
嫌なヤツが出てこないのもいい
今回思うのは やっぱり五輪なんだなぁ
オリンピックで行われる種目かどうかによって
世界に道が開かれているかどうか全然違う!
そして 祐介と賢人はリオに向かってダッシュする
(あっ!ということは まだ続編があるんだ!)
「勇猛邁進」いい言葉だな
かなりのオススメ
可能であれば 三作一気読みがより楽しめると思います!


今夜はweb会議
思ったよりコンパクトで前倒しで進行して良かった
商品や企画がどんどん複雑化していくなぁ...
なんでもかんでも「昔は良かった...」なんて云う気はないけど
それでも 少し増えすぎじゃないかと思う
こさえるほうも大変だけど 売るのも大変
それどころか 買う方(クライアント)はもっと大変かな?
[PR]
by hangzhou21 | 2013-06-25 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ アル中 ■ いよてつに乗って >>