■ 醤油屋さん

イベントが終了してほっとしたとのも束の間
真剣に渇水の心配をしている
土曜の昼過ぎは土砂降りだったのに 松山の水がめである石手川ダムの貯水率は復活してない
ふ~
讃岐砂漠ではなく伊予砂漠か...

そんなことを思っていたら
梅雨前線がやってきて どうやら怪しい雲行き
昼から風雲急を告げる しめしめ生暖かい風が雨を運んで来てくれた
西条で取材中
とうとう降ってきた!
よっしゃ たっぷり降ってください!

取材をひとつ終えてから
珍しいことに というか初めてかな
醤油屋さんへ行ってきた
地元に根付いた醤油屋さんでした
仕事の話はすぐにどうこうということはなかったけど
なんだか横道に逸れた話しで盛り上がりました
今回の訪問が縁になって取材でもさせてもらえると 楽しそう
(かなり先のことになりそうだけど...)
今度 西条へ行ったら小瓶を買ってお味を試してみよう

昼過ぎからの雨はずっと降ってる
気温も落ち着いていい感じ

今日行った丹原町「夏祭りが楽しいです」とお話しを伺った若い子が教えてくれた
行ってみようかな


「先生、子リスたちがイタチを攻撃しています!」(小林朋道 築地書館 ISBN:9784806713845)
このシリーズも三冊目
面白おかしくそれでいてやさしい語り口
ついつい引き込まれてしまいます
そうか〜 鳥には図形を見分ける能力があるどころか
秩序ある図形を好むとは知らなかった
こんな感じで いつの間にか動物たちについての知識がたまります
>11歳までに野生のなかで遊ぶ時間をたっぷりもった子どもは、
>自然保護に積極的な気持ちをもった大人になる傾向が特に強い(p179)
米国の大学教授が発表したらしいけど なるほどなぁ...
どうりで ボクは自然保護に積極的だけど
最近の子供たちはそうでもないんだ(納得しました)
また
いつもは憎たらしいとさえ思っているヒヨドリ
飼ってみるとなかなかかわいらしいんだな それも発見でした
このシリーズまだまだ続きがあるので楽しみです!
[PR]
by hangzhou21 | 2013-06-19 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 夏至 ■ なんとか終わった! >>