■ ホーリー・モーターズ

四月に東京へ行った折に
観ようかと思いながら観なかったのが
「ホーリー・モーターズ」というフランスのお話し
時を経て ようやく松山でも上映されるというので
「久しぶりやなぁ!」って感じで先週の金曜の夜映画館へ行ってきた
いったい何時以来なのか思い出せない

このお話し さっと映画評に目を通しただけで 軽い気持ちでスクリーンの前に座った
しかし
何とも表現できないほど 難解
こうやって しばし時を置いて振り返ってみて ようやくその輪郭がわかった(ような気がする)
人生には実に多くのターニングポイントが存在し
後から振り返って ああすれば良かった こうすれば良かったのかもしれない
そんな連綿とした後悔をしながら過ごしている
(人間というのはなんとやっかいなものよね)
そんな自分を納得させるために
様々なシーンを「やり直し」ている
実際にはやり直せないから それを代行しているのがこのお話しの主人公だったんだなぁ...
(いや 全然の荒々しさ解釈は違うのかもしれないけど...)
観ている最中は長くて退屈だった
でも 思い返すとそうでもなかったのかとも思う
「演じる」とは何なのか
「acter」という職業は何なのか
そんなことを考えるいい機会になりました

松山のミニシアター“シネマルナテック”
思った以上に広くて観やすいスクリーンです
もっとも 金曜の夜にもかかわらず お客さんは9人ほどと淋しかったけどね
また行ってもいいかな
(でも 次はもう少しわかりやすいお話しがいいかないな)
[PR]
by hangzhou21 | 2013-06-03 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ W杯出場決定! ■ 残り29ヶ寺 >>