■ 競馬必勝ソフト!

大阪の元会社員(もちろんボクではない!)
競馬で大儲けして払戻金に課税されている
その刑事裁判がこないだ報道されていた
この元会社員 2007~2009年にかけて28億7,000万円の馬券を購入し払戻金30億1,000万円を得たそうだ
3年間で差し引き1億4,000万円のプラス
年間51週あるとして102日の開催 一日あたり937.9万円の馬券を買って983.7万円の払戻し プラスは47.8万円
購入額も想像を絶する凄さだけど プラスも週でおよそ100万円とは凄い!
競馬で年間およそ5,000万円やもなぁ...
このスケールだと 元会社員は仕事しなくても喰っていける!
でもこれ ウインズや競馬場の窓口でならとても買ってられない マークシートに記入する時間もきっと足りない
ネットでの馬券購入システム(PAT)のおかげやね
問題は いま上でサクッと計算した方式ではないところに隠されている
詳細は書かないけど 国税局はトータルでは見てくれなかったので6億円4,000万円の所得税を課した
すなわちトータルで勝った以上の納税義務を負わされたわけだ
きっと 法律上では こんな買い方をしてこんな勝ち方をするなんてことは考えられなかったからでしょう
判決では 元会社員の主張を認め 所得税は5,200万円と算定している(それでも巨額!)
この裁判を通じて思ったのは
宝くじと同様 競馬の配当金も無税にすべきだということ
馬券を買った時点で少なくとも10%は国庫に入っているんだしね
それに 記録に残る買い方をしている人とそうじゃない人との大きな不公平が残る
それにしても
元会社員が編み出したトータル回収率104%という購入システム ボクも使ってみたいもんだ!
この会社員 これからどうするのかな?
被告人となったため会社員ではなくなってしまった(退職した)そうだけど
このまま毎週末PATで儲けて過ごすのか
それとも この必勝ソフトを販売して巨額の利益を得るのか
本人にとっては悩ましいところなのかもしれない
※裁判についてはこのページ

そうなると
毎週スポニチとにらめっこしながらセコく馬券を買っている自分自身がなんとも馬鹿らしくなる
まぁ 馬券のプロではなく余暇として楽しんでいるんだから いいか...
それに 今年に限ればおよそ142%の回収率だしね(ボクは天才!)


   +  +  +     -  -  -     +  +  +


どんよりと低い雲が垂れ込め 南風が強い
なんだか台風が接近してきているような雰囲気なのに雨は落ちてこない
妙な梅雨入り
雨よりも晴れている方が気持ちはいいけど
水不足の心配があるならちゃんと降って欲しいな
ベタっと肌にまとわりつくようなこの湿気
そろそろ ビールが旨い季節になってきた!
[PR]
by hangzhou21 | 2013-05-28 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 愛媛でふた月! ■ 梅雨入り >>