■ 門戸へ帰省

朝から新居浜
宇和島は“南予”で新居浜は“東予”なんです 愛媛県は広い!
ここは銅山で栄えた街ですね
その影響で街中が住友色で染まってます
今日は“新居浜LOVE”なお話しを聞かせてもらいました
地元愛を隠さない素直な気持ちが伝わって来ます

新居浜から戻って
ごにょごにょと忙しく過ごし
PMS研修なる研修を受ける
しょうむないと思っていたけど まぁ 必要なものであるのも確かかな
松山空港からの最終の伊丹行き19時20分発にギリギリでセーフ
空港の放送で初めて名前を呼ばれてしまった!
(案外恥ずかしくなかったけど)

思えば
前回の帰省で大きく体調を崩し
それ以来ぐったりしてたんだけど よくぞここまで復活できたもんだ
ほんまにツラかった...
今回はすっかり元気!


「童子の輪舞曲」(仁木英之 新潮社 ISBN:9784103030577)
僕僕先生もいつの間にか7冊目とは驚く!
お話しとして面白いしね
この書き手さんのお話しとしてはバツグンに安心して読める
だけどなぁ
そろそろ大団円となってもいいような気もするけどな〜...
今回は短編集 悪くない!
ちびっとこじつけのような気がせんでもないけどクスっと面白い
ラストの「福毛」が何とも云えない味わいでいいな
「競漕曲」も印象深いけどね
でも もしラストを迎えるなら 王弁はどうなってしまうのか
ちびっと心配だなぁ...
(読むならぜひ「僕僕先生」(新潮文庫 ISBN:9784101374314)からお読みください!)
[PR]
by hangzhou21 | 2013-05-24 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 明日は東京優駿 ■ 爽やかな5月 >>