■ 挫折しました

TVがない生活もすっかり馴染んだ
もともとあんまり見てなかったしね
でも
TVを見ることが出来ない環境だと哀しいのが
サンフレの中継があるとき

数日は遅れるのだけど NHKのweb-siteのなかの「スポーツオンライン」で
J1のゲームはダイジェスト映像を見ることが出来る!
ということで ようやく5/18のヴァンフォーレ戦 ゴールラッシュを見た
こんなゲームをしてくれるんだったら
天気も良かったし 俄かお遍路さんで高知をうろうろせずに
フェリーでEスタへ行けば良かったかなぁ...
(まぁ チャンスはまだまだあるけど)
次回は いつどのゲームになるかな?


大著「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」(増田俊也 新潮社 ISBN:9784103300717)
これはとうとう挫折
ボクにしては珍しい
プロレスのリングで力道山に敗れた柔道家・木村雅彦の半生を描いた作品なんだけど
上下二段組700ページのボリュームの前に敗れ去ってしまった...
決して面白くなかったり難解であったわけではなく 書き手さんには申し訳ない...
(ということで 図書館の棚へ帰っていきました)
次に借りているのが
「歌は季につれ」(三田完 幻戯書房 ISBN:9784864880152)
この書き手さん「当マイクロフォン」(角川文庫 ISBN:9784043944644)はインパクトありました!
今回のこのお話し
パラっと読んでみると 俳句の雑誌に掲載されていたテキストをまとめたもののようで
これなら挫折せずに読了できそうです はい


適性テストをトライアル受験したことなんてすっかり忘れていたのに
その結果を受取り
ボクのじゃなくて 若いのの結果に対するフィードバックを受ける
初めて会ってから二月弱過ぎているんだけど
わかっているようなわかっていないような...
でも このフィードバックは解説してくださる方の爽やかな語り口もあって
実にためになるというか刺激を受ける
こんな風に受け止めてあげればいいのか 良いところをグンっと伸ばすためにはこうしたらいいのか
言葉の置き換えゲームのような側面もあるんだけど
それだけではなく 一歩も二歩も踏み込んで(あるいはツボを押さえた)
指導(お話し?)が出来るようになるなぁ

振り返って自分自身の結果を読み解く
なんか3~4年前よりも 先鋭化してしまったような気がする
自分のことなのでどうしても甘くいいように読み込んでしまうんだけど...
ただ
やっぱりなぁと思う点も多々あり!
仕事にっていうよりも これからの人生に活かさないとね
[PR]
by hangzhou21 | 2013-05-21 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ ようやく復活! ■ 見落とす >>