■ 土佐路

俄かお遍路さん 佳境に入ってきた
早起きして土佐路を打つ
土佐ICを降り まず 35番清瀧寺(きよたきじ) ここもなかなか厳しい道です
記念品としてボールペンをいただきました
順は前後するけど 36番青龍寺(しょうりゅうじ) 静かで趣がある札所でした
34番種間寺(たねまじ)→33番雪蹊寺(せっけいじ)
お昼ご飯を挟んで
見晴らしが素晴らしい32番禅師峰寺(ぜんじぶじ)→31番竹林(ちくりんじ)は五台山の上
→30番善楽寺(ぜんらくじ)→ひとつ跳ばして28番大日寺(だいにちじ)
→戻って29番国分寺(こくぶんじ)は田んぼの真ん中にありました
今日は9ヶ寺を打ってようやく43の札所をお参りしたことになります
もうひとつで八十八の半分
だから 欲張って27番神峯寺(こうのみねじ)まで脚を伸ばそうかと思ったけど
距離がちびっとあって時間切れ濃厚
大人しく諦めることにしました(もちろんお遍路さんは逃げません!)

それにしても
高知県はのんびりしてる
Qちゃんで駈けながら なんだか心が洗われるような気がしました
それにね 雄大な太平洋がどどど〜んっとずっと見えてることもあるよね
種間寺から雪蹊寺の間 方向を失いかなり迷ってしまった
こういう時って のんびりとは行かず 気持ちの焦りが出てしまう
やっぱり カーナビって必要なのかな?

お昼 事前に調査した結果 南国市にある「かいだ屋」といううなぎ屋さんへ
時間的に少し早いかと思ったけど 駐車場は満車
ありつけたのはテーブルに着いてから30分もかかったでしょうか
関東風でもなく関西風でもない
強いて云えば 弾力のない東海圏のうなぎか
四国で幾つかのうなぎ屋さんへ行ったけど どこもこんな感じ
うなぎそのものはいいのに ちびっともったいないような気がするなぁ...

土佐ICで降りて 帰りは南国ICから乗る
特別意識していないだろうが いかにもなICのネーミングですね
[PR]
by hangzhou21 | 2013-05-18 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 俄かお遍路さん9日目 ■ ミシュラン >>