■ 相手をリスペクトする

高熱にうなされながらも目に止まったのが
5/5付け M紙の一面記事下のコラム「余禄」
(少し長いけど 以下に引用します)

 スポーツが好きな子どもたちを持つ保護者の皆さんに読んでほしい文書がある。
東京都町田市にある私立和光(わこう)中学男子バスケットボール部顧問だった
両角憲二(もろずみ・けんじ)さんが書いた「和光の丘より さわやかな風を」だ
▲バスケット経験を持つ両角さんは1990年に赴任して驚いた。ジャンプシュー
トを打てる生徒がひとりもいなかった。さらに驚いたのが週3日という練習日数の
少なさと、午後5時20分には終了という練習時間の短さだった▲負けて当たり前
という言い訳が試合前から用意されていた。相手コートにさえなかなかボールを運
べないという状況から13年後の2003年12月21日、東京都新人大会で約
650校の頂点に立つのだが、そのサクセスストーリーを紹介したいのではない▲
優勝を決めたその日、応援の保護者ら向けに両角さんが配布したのが「和光の丘よ
り」だ。(1)相手の不注意によるミスには拍手しない(2)相手のフリースロー
の失敗に対しては拍手しない(3)相手のファウルに対して拍手や「ナイスファウ
ル」などの声をかけない(4)審判のジャッジに対する不満の声はかけない▲ゲー
ムは相手がいて初めて成立する。だから対戦相手は「敵」でなく、ナイスゲームを
共に作る「パートナー」なのだ。どんなに強くても、相手のミスや反則を喜んでい
ては敬意や称賛は得られない。審判が気持ちよく笛を吹けてこそナイスゲームは生
まれるのだ▲両角さんは現在、和光中学・高校の校長の職にあり、現場の指導から
は離れている。だが、フェアプレーの精神が凝縮(ぎょうしゅく)された文書は
10年後の今も色あせず、いや今だからこそ光を放っている。

ボクが特に「いいな」と思ったのは
>ゲームは相手がいて初めて成立する。
>だから対戦相手は「敵」でなく、
>ナイスゲームを共に作る「パートナー」なのだ。
この部分
とかく何でも競争で勝利至上主義に走りがちなところ
こんな思いを生徒や親に伝えられるコーチに指導される子供はシアワセだ

そう思っていたところ
サンフレの森保監督のゲーム後のコメントが流れてきた
(「J's GOALニュース」より)

Q:大宮サポーターからも増田選手に対してのコールがありました。
「もちろん対戦相手なわけですけど、一つのゲームを作る仲間でもありますし、それは
チームの垣根なく、審判も含めてゲームを作る仲間がああやって対戦相手である我々に
声援を送ってくれる事は非常に仲間としてありがたいと思いました。ゲームをしている
時は勝利を目指してぶつかり合う相手ですが、思いやりをもって選手に励ましの言葉を
もらえることに感謝の気持ちを持ちたいと思います」

この日のゲームは
サンフレのGK増田が相手プレーヤーと接触して救急車で運ばれるというアクシデントがあった
ピッチ上に倒れている増田選手にアルディージャサポから励ましのコールが贈られた
>一つのゲームを作る仲間
まさか 森保監督がこの朝の毎日新聞を読んでいたわけではないだろうけれど
期せずして同じ主旨の言葉が出てくる
森保監督がいる限り サンフレは大丈夫だ
う~ん スポーツって素晴らしい!
[PR]
by hangzhou21 | 2013-05-06 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 火曜スタートで良かった ■ ふらふら... >>