■ ショッパイ温泉につかり またしても本を買う

広島の街中には大きなブックオフがあるのを思い出し寄ってみる
お~
ずっと読みたかった「氷山の南」(池澤夏樹 文藝春秋 ISBN:9784163807904)
あるやんか!
荷物を少なくしたいし重たいけど買ってしまった
どうせ またしても“積読”の山に入るだけなのに...
一方
図書館からは順調に借りてます
「母親ウエスタン」(原田ひ香 光文社 ISBN:9784334928490)
(これもず~っと読みたいと思って探してたけど出会えなかった...)
ISBNを調べてて初めて気が付いたんだけど
この書き手さんって「東京ロンダリング」(集英社ISBN:9784087714111)を書いてたのか...
そして
「月の魔法」(川上健一 角川書店 ISBN:9784041103739)も借りました
(この書き手さんって当たりハズレがあるけど これはどうかな?)
その他
すぐに読みもしないのに N紙の紹介記事を読んで
新刊で買ってしまったのが
「韓国 葛藤の先進国」(内山清行 日経プレミア新書 ISBN:9784532261894)
ふんどしに書かれている“なぜこの国は、いつも不満なのか”このコピーが凄くいい!
他にも
職場の後輩とおる(仮名)さんから社内便で送ってもらったのが
「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」(村上春樹 文藝春秋 ISBN:9784163821108)
たまには こういうヒット作も読んどかないとね
ゴールデンウィークの休暇中 どこまで読めるかな?

宇品発松山行き 最終の高速艇(スーパージェット)は21:30発
Eスタ(ビッグアーチ)の試合終了が20:45だとしてもとても間に合わない
ということで
実に久しぶりに広島で泊まる
いろいろ調べてみると
昔の定宿三井ガーデンもそう高くないけど
元宇品の広島プリンス 前日予約で5,000円を切ってる!
どっちにしても翌朝は宇品からフェリー 移動を夜するか朝するかだけ
じゃぁ 夜のうちに宇品へ行くか...
知らなかったけど このホテル 館内に温泉が出てたんだ
かなりショッパイ(塩分が多量に含まれてる)けど おかげでゆっくり温まり朝までぐっすり!
部屋の設備などはかなり年季が入っていて高級感には欠けるけどるけど まぁこの値段なら...
またチャンスがあれば使いましょう
[PR]
by hangzhou21 | 2013-05-01 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 久々に門戸へ ■ 四月のランチ >>