■ 宇和島歌舞伎

事前の調査で
歩いて10分くらいの場所に「新開温泉」という銭湯があるのを確認済み
さっそく 昨夜 行ってみた
なかなか流行っているみたいで 男湯には浴場と脱衣場に10名ほどいらっしゃる
う~む 福寿温泉よりも 極彩色の絵を背負っている人が多いような...
お風呂自体は まずまず 水風呂が大きいので夏場はいいかな
入浴料は360円(兵庫より40円大阪より50円安いです!)
これでサウナも使えるから お得感はあるかな
(サウナ 何故かみなさん 洗い用の椅子を持って入ってる!)

今日は宇和島で猿之助の歌舞伎
引越し後の整理などはやめて午前中からQちゃんで宇和島へ向かう
もう何年も前に内子座で澤瀉屋(おもだかや)さん観たなぁ...
(2009年11月巡業公演で「傾城反魂香」でした)
行きしなは そんなことを考えながら国道56号線をのんびり走る
到着した南予文化会館は立派なホールだけど
隣接するアーケード街は淋しい いや淋しすぎる...
その光景を目にして どうかなって心配していたけど
驚くべきことにほぼ満員(きっとチケットは完売だったと思う)!
演目は義経千本桜「初音道行」なんだけど
その前に解説やトークがあって 鑑賞教室のくだけた感じかな
昨年も亀冶郎(現:猿之助)が来て宇和島歌舞伎の公演があったとのことなので
是非とも来年も再来年もず~っと続けてもらいたいと思いました はい

先日「路上の義経」(篠田正浩 幻戯書房 ISBN:9784864880138)を読んだところ
踊りはもちろん解説なども興味深かった
それに 宇和島にもかつて融通座という花道も廻り舞台も備えた劇場があったそうだ
もったいない!
現存しておれば 毎年はムリでも数年に一度は巡業の公演があったろうになぁ...
[PR]
by hangzhou21 | 2013-03-30 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 最低限の生活感 ■ 新生活三点セット >>