■ 12年ぶりの北京

12年ぶりの北京から戻ってきた
何処が変って何がそのままなのか言葉で表すのは難しい
五輪もあったし経済成長もあったそれらに伴い所得もぐっと上がったのは間違いない
全体の感覚でいうと「よそ行きの外套を羽織ってはみたけどその隙間からは素が見えてます」
そんな感じかな

ゲームがあった朝 前日の空とは打って変わって“日本晴れ”いや“北京晴れ”
昨日までの雨が全ての汚れを洗い流してしまったのか シミひとつない紺碧の青空だった
天安門広場へ向かう ここは昔と何も変ってないな
(変ったのは 広場へ向かう地下道でセキュリティチェックがあること)
風にそよぐ葉が落ちた柳の並木を目にして
貼り紙と落書きに埋め尽くされたブロック塀を前にして
ふといろんなことを思い出す
ある意味“Wellcome back”なのかもしれないけど
もうよっぽどのことがない限り訪れることもなさそう

ホテルでは連泊したわけだけど
自分でも驚くくらい(いやそんなことないか?)ぐっすりと眠れた
このところ珍しく寝付きが悪い晩が続いていたもんなぁ...
そういう意味では快適だったんだけど
この長富宮飯店 ニューオータニというブランドが持つの絶対的な安心感とは裏腹に致命的なことが二つ
ひとつは レセプションが貧相すぎて対応が遅い
チェックインはラッシュ時を外していたからともかく
チェックアウトはずい分と待たされた 有り得ない!
二つ目はタクシーの待機が無いこと 五星級とは思えない
もし 飛行機の時間が迫ってたら相当焦っていただろうなぁ...
(そういう意味ではソウルのホテルはしっかりしているのだと改めて感心しました はい)

読むわけがないと思ったけど
スーツケースへ数冊放り込んでおいたら
不思議なことに
ベッドの中はもちろん ご飯を食べながら ビールを飲みながら
地下鉄の車内でも 漁陽飯店の前にある遊歩道のベンチで
そして 工人体育場のスタンドに座って
さくさくと読んでました
いいお話しだったからかな?
[PR]
by hangzhou21 | 2013-03-14 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(2)
Commented by なつ at 2013-03-16 10:20 x
北京に行かれてたんですか。
私が訪れたのは10年前になります。いろいろ街並みが変わったんだろうな~~。
旧正月に上海に行った人が「行く前はいろいろ警戒していたけれど
現地の人は親切だったしすごく楽しかった」ということだったので
私は今年、上海に行ってみたいんですよね。
まあ、夫は「嫌だ」と言ってますが(^^;)
Commented by hangzhou21 at 2013-03-16 13:04
■ なつ さん へ

二泊三日で北京へお邪魔していました
サンフレの応援以外はビールばっかり飲んでいたような気もしますが...
久しぶりの北京 再開発が進んですっかり変ってしまったような気もしましたが
一本路地の奥に入れば 以前と変らない人の暮らしがありました
個人対個人であれば ずいぶんとホスピタリティも向上しているような気もしました
上海もいいですが 少し脚を伸ばして 杭州へも是非お越し下さいね
しっとりとして いい街ですょ!


<< ■ あん ■ 工人体育場 >>