■ ACLレプリカ予約完了!

北京のホテル
各種のサイトをいろいろ比較して
格安のホテルを発見したので そこをすみやかに予約 しめしめ
ACL仕様のレプリカ
ラジオを聴きながら10時になるのを待ち構えて
時報とともに申し込むと 拍子抜けするほどすんなりと申込完了!
でも 10:05ごろにもう一度サイトをのぞくと もう完売してた! 恐るべし!
これで 4月の浦項では新しいレプリカで応援できそう 良かった良かった!

家の近くにあるホームセンターへ
た~ちゃんおすすめの「おたふく手袋 防水防寒手袋 ホットエースプロ (ダブルタイプ)」
これはなかったので
「富士グローブ NEOHOT NH-70 Mサイズ」を990円ほどで購入
さっそくこの手袋で武庫川コース なかなかええやん!
阪神間では“寒さの底”って感じの5度前後だったけど
“手足末端あつあつ症”のボクはすぐに汗ばんで暑くなってしまうほど


ようやく読み終わりました
「消えた琉球競馬」(梅崎晴光 ボーダーインク ISBN:9784899822332)
JRAなどの競馬がスピードスケートだとしたら
沖縄で行われていた琉球競馬はフィギュアスケート
だけど この地球上でも特異な琉球競馬は姿を消してしまいもう見ることは出来ない
琉球王朝から日本への併合 廃藩置県 そして沖縄戦
歴史の中に飲み込まれてしまい消えてしまった
琉球競馬のなかで名馬と呼ばれた「ヒコーキ号」を求めて書き手さんは沖縄をさまよう
(書き手の梅崎さんはなんと東京スポニチの競馬記者!)
かつて140をも数えたという馬場の跡地を訪ねいろんな人の話しを聞く
ほとんどはそこで競馬があったことさえ知らない人たち
琉球競馬が行われたことを書き残すラストのタイミングだったんだなぁ...
ヒコーキ号がどうなったのか(そもそも実存したのか)も興味があるが
ここに書き残されているのは ひとつの文化として行われていた琉球競馬そのものが
なんとも苛烈な歴史の中で消えてしまったという紛れもない事実
愕然とするしかない
いかに多くの重いことをヤマトは沖縄の人たちに強いてきたんだろう
(そして それはいまなお続いているとしか思えない)
琉球競馬 ヒコーキ号 それらの足跡を訪ねる旅は図らずしも 近代の沖縄の縮図なんだな
自然がたっぷり残り のどかなリゾート地としてしか認識していなかった沖縄
その表面的なイメージの一皮剥けば 筆舌に尽くし難い苦難の歴史があるという事実
これを直視しないと...
競馬 沖縄 文化史 そんなキーワードにかかわりなく 読んでみるべき“労作”
オススメです


    ■  ■  ■  ■       ■  ■  ■  ■


(前夜予想)GIII 小倉大章典
う~ GIと同日施行のローカル重賞 馬もジョッキーも手薄 スポニチの印もバラバラ かなり難解
ここはドカンっと穴狙いしかないな
一応 04シャイニーホーク08テイエムアンコールを中心視
相手に11エクスペディション03ダイワズーム14サトノパンサーなどなど...
どう考えても点数が増えるから ここは枠連で狙う
すなわち 枠連 2*5*6*7のボックス 2*2と7*7 そして2*7はあと200円買い足す
これでどうかな?

(前夜予想)GI フェブラリーS
有力馬が目白押し これは難解!
ボクにしては堅目の予想になってしまった
ここずっと好調な10ワンダーアキュート 強烈な末脚の08イジゲンか...
16シルクフォーチュンはヨコテンが鞍上だし 04ナムラタイタンも捨てられない
それに芝から参戦の11カレンブラックヒルはどないやねん
一応ここまでなんやけど
02グレープブランデー07ガンジス05タイセイレジェンドは泣く泣く今回は見送る
馬連 04*08*10*11*16このボックス

※昨日のダイヤモンドSは惜しかった
ユタカの最後のひと粘りがあったらなぁ... まぁ仕方ない
久々にネットで映像を見ながらため息出ました...
[PR]
by hangzhou21 | 2013-02-16 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 特A ■ 雨の有給休暇 >>