■ 日経朝刊の表4

文藝春秋に載るのはかなりハードルが高そうだけど
ここならひょっとしてと思ってしまうのが
日経朝刊の表4「文化」のコーナー
ここにはときどき市井の人たちの篤志家というかなんというか
ヘンテコな趣味にその一生を注ぎ込んでいるような人のテキストが掲載される
どうやってこういう人を探し出しているのか不思議だけど
今朝は“カラー魚拓”の専門家
ヘンテコなラーメン店の外観の写真集や駅弁の掛紙を収集している人など
一風変った(でもその世界にどっぷりはまり込んでいる)人が登場している
まぁボクの場合ひとつの趣味にどっぷりというわけにはいかないけど
そのうちに 何かを極めてみようか ムリかなやっぱり
(これはそれほど憧れてはいません!)

そういえば
同じページにひと月掲載される「私の履歴書」
ここ1年ほどさっぱり
先月の渡辺純一にはちびっと期待していたけど 自慢話のオンパレード
数日で追いかけて読むのをやめてしまった
ここの人選は難しそうだね

先日
なっちゃんからいただいた韓国みやげのなかに「エゴマの葉を絞った油」
これ 漂って来る香りだけでソウルにいるようなエッセンス
どんな利用法があるのかさくっと調べてみると
サバの煮付けがヒットする そうか最後にちょろっとふりかけるのか
その他にもおひたしやサラダにドレッシングのように使うといいらしい
ということで 帰り道 サバを買う
ほうれん草も買って これをゴマ油で炒めて最後にエゴマを振り掛けよう
巨大なジャガイモを先日買ったのでポテトサラダもこさえるか(こちらにはエゴマは入れないけどね)
家に戻って
さくさくっとこさえていく ふむふむ 急いでこさえた割にはそこそこのお味になりました
エゴマの油はもう少しいい使い道がありそうなので もう少し研究します

神明市&しまなみそれに三田も走った
今度は周防大島も行くことだし
その次はどこに行こうかと 古風に地図帳を広げていると
ふむふむ 春先に小豆島なんていいんじゃない?
いんおこはないけど生素麺なんか美味しそう!
森の音さん 誘ってみようかな?
[PR]
by hangzhou21 | 2013-02-13 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 師匠と飲む ■ 文藝春秋 憧れるぜ! >>