■ 退職する若いの

今朝
新聞を取りに出ると まだ暗い中 雪が舞ってた
明るくなって 窓の外がやけに明るいから窓を開けてみると...
お~っ!
うっすらと積もってる だから 明るかったのか!
直ぐに溶けてしまいそうな雪
でも なんだか 妙に嬉しかった


新卒で入ってきたときに数年預かって 少し前に手離して別の部署へ異動したんだけど
頑張っていた若いのが退職する
昨夜は送別会
今日で退職する
この若いの 結構かわいがっていたつもり
だから 少し前に「退職します」と報告を受けたときは「惜しいな」と思ったけど
その後いろんな話しをぼちぼち耳にするうちに
自分でも「申し訳ないな」と思うほど す~っと醒めてしまった
それぞれの人生だから 若いのが自身で決断したことは尊重するけどね
なんか 不思議な感覚
もし ずっと預かったままだったら また違ったのかもしれない
それに 職場で顔を見なくなってから寂しさを覚えるのかもしれない
でも とにかく 感情の高まりとかうねりとか そんなのが無かったのは事実
つくずく薄情な(そっけない?!)おっちゃんになってしまった...


もう2年近く膠着状態に陥っている案件
(ある意味 人生最大の汚点!)
クライアントのトップと直談判のはずだったけど
結局は担当者と一つひとつツメただけで終った
可能であればこの三月末までにはフィニッシュさせたいんだけど
ほんまどうなることやら...
[PR]
by hangzhou21 | 2013-02-08 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(2)
Commented by スール at 2013-02-09 08:39 x
寂しくなりますね。こっちは出張中でしたし。。
Commented by hangzhou21 at 2013-02-10 09:45
■ スールー さん へ

やっぱり寂しくなるかな?
ずっと一緒だったメンバーが欠けていくのはそんなものだよね
また 春になったら新しいメンバーが加わって
一生懸命になるんでしょう
(そうして どんどん歳喰って行くんやなぁ...)


<< ■ 神明市としまなみ ■ 怒鳴らない! >>