■ また大きな星がひとつ堕ちた

今朝
新聞受けから取り出した朝刊の一面に目をやり驚いた
「嘘やろ!」
12月に勘三郎を失った歌舞伎界 今度は團十郎だなんて...
暮れの顔見世をそうそうに休演したの知っていたし
三月の公演もキャンセルして 四月の新しい歌舞伎座のこけら落しに備えているんじゃなかったのか!
相次いで二枚も大きな看板を失った
もちろん 有望な若手たちは育ってはいるけど...
この予想だにしなかった成り行き これからどうなるんや!

四月の歌舞伎座 こけら落としの第一弾!
第二部の「白波」は見逃せないかと思ってた(ちょうど週末にかかる出張もあるしね)
弁天小僧が菊五郎で日本駄衛門が団十郎...(左団次が南郷力丸とは!)
でも この組み合わせ もう夢の中だけ

「何を演っても団十郎は団十郎だね」とこき下ろしていたような気もするけど
こんなことになるのなら ムリをしても 10月の新橋演舞場
昼と夜で団十郎と幸四郎が弁慶と冨樫を演じ分けた「勧進帳」を観ておけばよかった...
去年の5月 松竹座での「団菊祭」がラストの見納め
ここで演った「身替座禅」の奥方役
本来の団十郎とはかけ離れた役だったけど あんな団十郎を観ることができて幸せした...
海老蔵もようやく落ち着いてこれからだったのに...
ほんまに残念です
勘三郎といい団十郎といい 本当に若すぎる!
“誤報であってほしい”と信じられない思いです
[PR]
by hangzhou21 | 2013-02-04 20:03 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 喪失感 ■ 立春前だから“春0番”! >>