■ 豊中 やまぶき屋

体調イマイチだし
だいち外はものごっつい寒い!
こんな日は一日おこたの番をしているのに限るんだけど
それも何かもったいないような気がする...
ということでちびっと出かけるか

少し前にweb上で見かけて気になっていたおうどん屋さんが三軒
ひとつは 全然知らなかったんだけど 仁川の駅前
「フランケル」とはおよそ“おうどん屋さんらしくない”ネーミング
(まぁ ここへはいずれ臨場する時に寄れるから まぁ今回はパス)
あとの二軒はいずれも 阪急の宝塚沿線
ひとつは中山寺の「丹後屋」 こちらはなんともそそられるネーミングのお店やね
場所をチェックするとクルマが便利そうなので青野ダムの練習帰りにでも寄ることにします

もう一軒が豊中駅のすぐそばにある「やまぶき屋」なかなかいい感じみたい!
門戸から宝塚経由 これだと座って本もしっかり読めそう
近づくと なんと結構な行列!びっくりした!
お店の前まで来てもっとびっくりした
この行列は隣のラーメン屋さん「麺哲」の行列やんか!
ということで「やまぶき屋」へはスグに入れる
寒いからあったかいおうどんでもいいけど 美味しそうな麺のおうどんやねんから“鶏天ぶっかけ・冷”
砥部の浅い鉢にきれいなおうどん 鶏天三つ載ってます ボクの好きなタイプ
まずまず だしはやや甘い感じが勝ってるかな 鶏天もいけます
豊中というと服部駅にほど近い「銭形屋」しか知らなかったけど
ここ「やまぶき屋」も安心して人におすすめ出来るお味やと思います はい

その後
ちゃんと調べておいたのが周囲にありそうな新古書店(庄内に古本市場ありました!)
庄内で途中下車して豊南市場を通り抜けようとすると...
市場の中に昼下がりなのに異様に流行ってる立喰いうどんのお店
お店の名前をチェックできなかったけど 肉うどんを売りにしてはるみたい
次回(何時かわからんへんけど!)チャレンジしてみます はい

庄内の古本市場と園田のブックオフへ寄って
「狛犬ジョンの軌跡」(垣根涼介 光文社 ISBN:9784334928605)
「繚乱」(黒川博行 毎日新聞社 ISBN:9784620107813)
みつけました! ふ~む 寒い中 出かけてみるもんやなぁ...


「紅の党」(朝日新聞中国総局 朝日新聞出版 ISBN:9784022510297)
中国という巨大な国家の意思決定 そのプロセスはさっぱりわからない
昨年開かれた党大会で習近平が総書記に選ばれ新しい指導体制がスタートするわけだけど
立候補があったわけでも選挙が行われたわけでもなく なんとなく決まった(ような気がする)
そのウラには魑魅魍魎の政治的駆引きがあったはずだけど それの全貌ははっきりしない
当の習近平が二週間にわたり雲隠れしたことも記憶に新しい
そこに何があったのか 決して明らかにならないけれどその一隅に光を当てたのがこのお話し
直球ではない
党大会の前に突如失脚した薄熙来という政治家の背景を明らかにすることによって
中国共産党で頭角を現すとはどういうことなのかを教えてくれる
キーワードは“裸官(らかん)”
ふ~む 中国で高官になるということは 私服を肥やし妻子を海外(特に米国)へ移住させることなのか
ちびっと短絡的な発想だけど
中国という国の体制転換(体制崩壊?)は案外すぐそこにあるのかもしれないなぁ...
そういう意味では 読んでためになる(?)お話しだと思いました
しかし 瓜瓜って今後どんな人生を送るのかなぁ...


「終わらない歌」(宮下奈都 実業之日本社 ISBN:9784408536156)
結局すぐに買って一気に読んでしまいました
「よろこびの歌」(実業之日本社文庫 ISBN:9784408550992)の続編
心を一つにして最後の合唱に向かった彼女たち 卒業して数年が立ちそれぞれの人生を歩み始めてる
玲は声楽を学んでいるが壁にぶち当たっている
その中で一つの解決方法が巾を広げるということ なるほどな それは良く解る
各々の人生の中で各々の壁に当たるんだけど 新しい出会いがあり各々が解決していく
残念なのは このお話しで紹介されるブルーハーツの曲を何ひとつ知らないこと!
これは実に無念
「スライダーズ・ミックス」という章 ちょっと本筋から離れるんだけど ほんとうにイイです
ラストも一気に読ませてくれる
玲も千夏も七緒もがんばれ~! もちろん早希もあやも菜生も!
ふぅむ また続きが読みたくなる!
 

  ■  ■  ■     ■  ■  ■     ■  ■  ■


(前夜予想)シルクロードS
ちょっとこぶりなメンバー 淀短距離Sの再戦の趣やね
ということで淀短距離を勝った3アイラブリリから入ろう
相手には淀短距離上位の5サンドストームと8メイショウデイム
ちょっとひねって7ニシノビークイックと11シゲルスダチ
馬連 3=5*8を300円 3=7*11を200円

(前夜予想)根岸S
1400を10勝もしてるのに人気の盲点(?)になってる2セイクリムズン
絶好調の5ガンジス 前走でオープンでも通用するのがわかった7メイショウマシュウ
この三頭のみつどもえ
余った100円を人気の8トウショウカズンへ
馬連 (2*5*7)ボックスで各300円 2=8を100円です 
[PR]
by hangzhou21 | 2013-01-26 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 煮込料理 ■ 六歌仙 >>