■ 六歌仙

若いのが伊豆へ遊びに行くと教えてくれた
伊豆といえばバナナワニ園!(もっとも 行ったことないけど)
ここの固有種かどうかは知らないけど「六歌仙」という咲き分けのサザンカを思い出す
ひとつの樹から違う花が咲き(カタチではなく色や斑の出方が違う)散らずにポツリと落ちるらしいです
(その咲き分けを平安時代の歌の名手になぞらえたんでしょうね 上手い!)
一鉢欲しいとは思っているけどなかなかね(売られているのを見たこともないけど)
あとは「三宅紫」というツバキも伊豆にはあるらしい
まぁ 待っていれば いつかどこかで出会うでしょう
以前ほどツバキだけに愛情を振り分けていられない
それで拗ねてしまったわけではないだろうに
この冬はツバキが遅い むちゃくちゃ遅い!(サザンカはぽつぽつと咲いてるけど)
例年 冬の入り口で咲くのは「安芸小町」
これ 一輪咲いただけであとが続かない(例年なら春まで続けて咲いているのに)
その後「覆輪雛侘助」はず~っと淋しく咲き続けているんだけど 他はまだ
ようやく「絞侘助」が一輪だけ開いてくれました
他のツバキたち ちゃんとツボミは大きくなっているから
寒さが一段落したら きっと“咲き乱れる”ほど一斉に咲いてくれるんでしょうね
まだまだ寒いけど なんだか待ち遠しいです


このところ
外出もないしお弁当持参が続いていたんだけど
今日は若いのと一緒に移転してリニューアルオープンした桜橋のマクドへ
「メガマック・セット」(メガマック776kcal ポテトM454kcal)
メガマックそのものは案外ペロっと食べちゃったけど
ポテトがね... 半分以上を持て余し若いのに食べてもらう
う~ 完全にカロリー過多 いかんなぁ...
いつもフィレオフィッシュ党だけに このボリュームには参りました!
貰ったクーポンによると また“ビッグアメリカンバーガー”やるみたいですよ
昨年までのシリーズものではないみたいだけど...
カウンターも店内も思ったよりも空いていてスムーズ
アホな話しをして 思いのほか楽しいランチタイムになりました はい


「神去なあなあ夜話」(三浦しをん 徳間書店 ISBN:9784198635060)
文庫も出てる「神去なあなあ日常」(徳間文庫 ISBN:9784198936044)の続編ですね
高校を出ていきなりな~んにもない三重県の山奥で林業をはじめさせられた(?)勇気くんのお話し
とっても面白くて 林業に従事するのもいいかなぁ...なんて思ってしまった
いろいろ伏線が貼ってあるので絶対に続編が出ると思ったたら ようやく出てきた!
“日常”は文字通り林業に従事することの日常が神去村の日々とともに語られていたのに対して
今回の“夜話”は仕事のことはさておき 勇気くんのことにかなり絞られてお話しは進んできます
ついこないだまで 日本の農村では神去村と同じような日常が普通に流れていたんだろうなぁ
勇気が名古屋へ買物に出かけて行き
すごい人出なのに
「名古屋では、だれにも見られていないんだ」
と気付くところに なんだかハっとさせられたような気がします
不自由なところも多々あるんだけど こんなに静かで幸せな神去村がいつまでもあるようにと願わずにいられません!
“夜話”だけ読んでも楽しめるとは思うけど 出来れば“日常”を読んでからがおすすめ

次は
出張中の東京で買ったままになっていた
「紅の党」(朝日新聞中国総局 朝日新聞出版 ISBN:9784022510297)です
[PR]
by hangzhou21 | 2013-01-25 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 豊中 やまぶき屋 ■ 誰カバ >>