■ サンフレの新ユニフォーム

クラブから新ユニフォームのレプリカ 予約を始めますとニュースリリースされたのはチェックしていた

予約初日で まさかの「予定枚数終了」とは...
「しまった!」を通り越して「悔しい!」
今年の分は 星も付くしゴールドのロゴも入る 知ってはいたのに...
オーセンティックユニフォームについてはもう再発売はしないようだけど
レプリカは時期をずらしてもう一度予約できるみたいなので そのときは是非にでも...(ほんまにアホやなぁ...がっくし)
つくづく「優勝したんやなぁ...」と思ってしまう!
それと ACL仕様も気になるところ
こうなったら 毎日クラブのweb-siteはチェックせんとあかんなぁ...
ふらっと
他のクラブのweb-siteを見ていたら
ヴォルディスの今季のユニフォーム シンプルでなかなかかっこいい!
ちびっと高いけど 背番号やネームなしだったらSpanishExpressのジャージにいいなぁ...


「グラツィオーソ」(山口なお美 アルファポリス文庫 ISBN:9784434170065)
すぐに読めるかなと思ったけど
最初はなかなかページが進まない 例によって1/3ほどを過ぎてからは早かったけどね
山口県の有数の進学県立高校の吹奏楽部が舞台
ここでフルートを吹く少女が主人公
彼女とこの吹奏楽部を取巻くいろんな出来事がみずみずしく語られていく展開
なんだか一途で眩しい
ラスト近くに 彼女の母親が「羨ましい」と云うんだけど その気持ちボクにもよ~くわかります
部員みんなでひとつの音を創りあげていくという行為は楽しそう(苦しくもあるとは思うけど)
そして書かれてはいないけど その音はその瞬間瞬間に消えていってしまう
そんなはかなさと 青春の昇華 それが羨ましい!
好きとか嫌いとか そんな恋愛の部分が少しくどいのかもしれませんが
全体としてみれば まずまず
若い方におすすめしたいですね

次は
「よろこびの歌」(宮下奈都 実業之日本社文庫 ISBN:9784408550992)
そういえば
年末に読んだ
「海の見える街」(畑野智美 講談社 ISBN:9784062178549)
著者のインタビューがS紙の読書コーナーに載ってました


先日来
「イカ イカ イカ!」と騒いでいたところ
てっちゃんが差し出してくれたのが ケース入りのCD
わかるまで ずいぶん時間がかかった!
そうか~ 最近はもちろんビデオテープなんてなくて
TV番組はCDに録画するんだ!
(まだ見てないけど)ありがとうございます!


×京成杯
大雪の余波を受けて仕切り直しの一戦
前回の登録から何頭か入れ替わってる
アタマは12マイネルマエストロ 相手は3マイネルストラーノの“マイネル丼”は前回と同じ
その他 11アクションスターと人気の1フラムドクロワールへ
馬連 12=3を400円 12=11*1へ300円
(結果)あちゃぁぁぁぁ...全然アカンやん!

京都の金杯とシンザン記念が当たって「天才かいな?」と思ったものの
その後 全部ハズレ
しかも 全然惜しくない (東海S オースミイチバンなんと“裏複勝”的中!つまり殿から三番目入線!)
結局ここまで 9戦2勝 9,000円投入して払戻は11,730円 +2,730円
1月のプラスは確定しているものの 貯金が底をついてきて お尻からはそろそろ白煙が...
来週は日曜に揃って地味目のシルクロードSと根岸Sですね
[PR]
by hangzhou21 | 2013-01-21 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(2)
Commented by スールー at 2013-01-22 07:05 x
某テレビ番組のおかげか、「吹奏楽部(ブラスバンド部)」がメジャーになって小説などの題材にされることが増えましたね。本来、とってもマイナーな世界ではあるんですけど。
Commented by hangzhou21 at 2013-01-23 00:17
■ スールー さん へ

いやいや
実は“団体競技”だけに
今までオモテに出てこなかっただけで
隠れブラバンファンはいたんだと思いますよ!
今やすっかり“青春もの”の定番ですね!


<< ■ 時事ねた ■ 新春歌舞伎 >>