■ ももいろそらを

新宿では“武蔵野館”に行くことが多いけど
今回は“シネマカリテ”という新しいスクリーン
「ももいろそらを」
全編モノクロの青春符 いいね
なるほど最近の高校生というのはこういうのなのか
まさにそうとしか言いようがない
映画というのは時代を映す鏡なんだなぁ...
いろんなことが詰め込んであるんだけど
主人公のいずみが抜群にいい
ちょっと斜に構えているんだけど けっこうまっすぐで純真
いずみの二人の友だちもよく描けていて
作り手の観察眼に敬意を表する
おっちゃんのボクも毎日必死に生きているんだけど
高校生たちも それなりに必死に日々を生きているだ
モノクロなんだけど
スクリーンから“青春”が 滴り落ちてくるような気がしました
まずまずのおすすめ


姉の長男と北千住でちゃんこ鍋
勤めて二年目なんだけど 会社を辞めたいと言ってるらしい
どうしたもんかと思っていたら
案外 カラッとしてる
話しを聴くと
そう悪い会社でもなし 悪い仕事でもないみたい
ちょっと考え方を変えてみたらと
アドバイスでもなし 意見でもなし
ちびっと考えが足らんのかな というよりも
もぎ取るものではなく 与えられるという感覚か
うちの若いのとはかなり違う 環境の違いって大きいんやぁ...


(前夜予想)AJCC
ここかなり難解
11ネコパンチに重い印がまわるほどやもんなぁ
一応9ルルーシュから
相手に6ゲシュタルトと8シンゲン 3ダノンバラードへも少し
馬連 9=6*8を400円 9=3を200円

(前夜予想)東海S
こちらはあんまり考えなくてもいい
といのもハルカの息子オースミイチバンが出てくる
昨春は好調で一気に未勝利から重賞まで勝った
休み明けさっぱりだったけど
前走は離されながらも三着
ここでも複勝圏内ならあるかもしれない
ということで 単勝複勝5を各500円
[PR]
by hangzhou21 | 2013-01-19 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 新春歌舞伎 ■ 頼りないおっちゃん >>