■ 2012年を振り返る(その1)

本当は
今日もSpanishExpressでリハビリしようと思っていたんだけど
明方どころか夜半には雨音が聴こえてた これでは仕方ない
誰もいない職場にちょこっと寄ってから 買物
ブリの半身を買いました
お昼を済ませてから 少し昼寝 これが実に気持ち良かった!

まだ雨が上がらない 夕刻
某所でプチ忘年会
今年は三人だけ ちと寂しい...
好き勝手にしゃべってしまったかなと ちと反省...


 ■ ■     ■ ■     ■ ■


そろそろ 今年を振り返ってみます

「サンフレ」
とうとうと云うか なんと云おうか...
本当にこんなことがあるとは思っていなかったけど
我がサンフレがJリーグ優勝!
まるで夢を見ているような気分だった
上手く行くときは全部上手く行くんだな
正直云って 残留してくれればそれでいいとさえ思って迎えた今季
まさか 優勝してしまうとは...
そんなこんなで ホームもアウェイも含めて15試合駆けつけて 8勝2分5負
優勝の瞬間を一緒にビッグアーチで迎えることが出来 サポーター冥利に尽きました
来年はACLもある 是非グループリーグを突破して“目指せモロッコ!”
はるばる行った 鳥栖 仙台が印象に残りますが
やっぱり 名古屋の瑞穂 あのゲームが一番嬉しかった!

「競馬」
現地観戦はぐっと減りました
それでも 何回か安いwin5は的中
来年もこんな感じかな

「映画」
なんとたった8本だけ...
しかも7月以降はまったく観てません
ほんま どないなってんねん!
そんな中でも 韓国映画「サニー」イラン映画「別離」が印象に残ってます
来年はせめて月イチは観るようにします

「歌舞伎」
なんやかやと毎月拝見しました
都合24公演
勘三郎さんの逝去は大きな「喪失感」心に大きな穴がぽっかり空いたみたい...
でも 勘三郎さんの舞台を何度も何度も拝見できたのはボクの宝物です
七月大歌舞伎(新橋演舞場)の猿之助襲名披露「ヤマトタケル」
出石永楽館歌舞伎
この二つ 特に良かった!
来年もチャンスがあれば続けて拝見します!
来年のシッスティーナの日程 土日が含まれますように!

「本」
125タイトル読みました
もっとペースを上げないと積読の山は減らないし
どんどん出てくる新刊にも対応でけへんなぁ...

「海賊と呼ばれた男」(百田尚樹 講談社 ISBN:9784062175647)
読了後ふ~っと大きな息をつく
出たばっかりだけど 早くもクラシックとも呼びたくなる いいお話しです!
「情熱の階段」(濃野平 講談社 ISBN:9784062174442)
たった一人の挑戦に胸を熱くさせられます
う~スペイン行きたい!
「小野寺の弟、小野寺の姉」(西田征史 リンダブックス ISBN:9784803001662)
なんでもないお話しなんだけど ほのぼのとさせられます
いいな~ こんな毎日って!
「北の無人駅から」(渡辺一史 北海道新聞社 ISBN:9784894536210)
鉄ちゃん向けのお話しかと思ったらとんでもない!
北海道が直面する問題を正面から捉えたいい本です!
「銀盤のトレース」(碧野圭 実業之日本社 ISBN:9784408535678)
がんばれ朱里ちゃん! フィギュアスケートの世界を覗き見できます
続編の「age15」「age16」もいいですょ!
「大江戸釣客伝」(夢枕獏 講談社 ISBN13:9784062169998)
江戸時代にもここまで釣りに打ち込んだ人たちがいたとは!
忠臣蔵の外伝としてもたのしめました!
「ステーキ」(マーク・シャツカー 中央公論新社 ISBN:9784120043123)
理想のステーキを食べるための情熱に負けました!
「幕が上がる」(平田オリザ 講談社 ISBN:9784062180702)
演劇部の青春 「もっともっと読み続けたい」そう思ってしまう
「つるかめ助産院」(小川糸 集英社 ISBN:9784087713794)
この島は一種のユートピア ハート型の島にボクも行ってみたい!

こんなところが良かった!
ボクが知らないだけでまだまだ面白いお話しはあるはず
来年もいろんなお話しに出会いたいです!

「SpanishExpress」と「お山」についてはまた明日!
[PR]
by hangzhou21 | 2012-12-30 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(2)
Commented by なつ at 2013-01-01 12:17 x
「情熱の階段」読んでみます。
スペイン・・闘牛も観たいけど
サクラダファミリアには絶対行きたい。
HISで安いツアーがいろいろでてきているので
心揺さぶられる毎日です。
・・ってつい最近帰ってきたばっかりなのに(><)

今年もよろしくお願いします。
Commented by hangzhou21 at 2013-01-01 13:11
■ なつ さん へ

明けましておめでとうございます
こちらこそ 今年もよろしくお願いします!

ベトナムからお帰りなさい!
日本は寒いでしょ!

「情熱の階段」いいんです!
闘牛のお話しもいいんだけど
ラスト近くにこの書き手さんの一途な行動もいいんです
そのあとどうなったのかなぁ? 続編も読んでみたい気がします

「情熱の階段」とは直接関係ないのですが
スペインの映画も数有れど 以下の二作も併せてご覧下さい!
「トークトゥハー」
「サン・ジャックへの道」


<< ■ 2012年を振り返る(その2) ■ 雨上がりの朝 >>