■ 顔見世

こないだの「夜の部」は風邪でダウンしていたので断念
今日は「昼の部」の四等を押えてある南座の顔見世
・佐々木高綱(ささきたかつな)
・梶原平三誉石切(かじわらへいぞうほまれのいしきり)
・寿曽我対面(ことぶきそがのたいめん)
・廓文章(くるわぶんしょう)
時折撃沈してしまったけど おおむね起きて楽しみました
この顔見世はどうしても“重い”座組になってしまうんだけど
どうしてどうして やっぱり“巧い!”と唸ってしまう
今年の顔見世 彌十郎さんが光ってた!
この人 これから一気に化けるかもしれんなぁ
我當さん しっかり演じてました
翫雀さん 代役とは思えない この人もしっかり自分の色を持ってます
若い人たちの“花形”もええけど
やっぱり 年に一度はこういう重鎮方のお芝居も観ないとあかんね
中村屋兄弟(勘九郎七之助)も頑張っていたけど
まぁ 襲名披露と顔見世はなかなか両立させるのは難しいもんですね はい


南座に行くと
その帰り道 京阪の三条駅の上にあるブックオフへ寄る
ボクがよく行くブックオフとは明らかに品揃えが違うのよね
いつのまにか 河原町のOPAの上にもブックオフが出来てる!
昨日今日でついつい買ってしまったのは...

「赤猫異聞」(浅田次郎 新潮社 ISBN:9784104394043)
「レディ・マドンナ 東京バンドワゴン」(小路幸也 集英社 ISBN:9784087754094)
「夏休みの拡大図」(小島達矢 双葉社 ISBN:9784575237757)
「左京区恋月橋渡ル」(瀧羽麻子 小学館 ISBN:9784093863308)
「楽園のカンヴァス」(原田マハ 新潮社 ISBN:9784103317517)
「つるかめ助産院」(小川糸 集英社 ISBN:9784087713794)
「幕が上がる」(平田オリザ 講談社 ISBN:9784062180702)

「幕が上がる」は新刊で出たばっかり
棚にささっているのを見かけたときには“まさか!”とびっくりした!
ふつうのブックオフは明らかに普通の文芸書のコーナーは縮小されているだけに
京都のこの二店の充実ぶりには ちびっとびっくり!

新刊でふと買ってしまったのが
「追い風ライダー」(米津一成 徳間書店 ISBN:9784198635206)
軽いイラストの表紙はどうかと思うけど まずまず期待
この書き手さん
「自転車で遠くへ行きたい。」(河出文庫 ISBN:9784309411293)というお話しも書いていて
「追い風~」が面白ければこちらも探してみましょう
SpanishExpressに乗れないから紙上でお稽古とします はい


有馬記念
少し惜しかった
組合せの問題なんだけど 当たらなかったのだから仕方ない
ダイワファルコンから入ったのにはムリがあったな... がっくし
[PR]
by hangzhou21 | 2012-12-23 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ サラブレッドマーチ ■ スキンヘッド ふたたび >>