■ イベント 御役御免

年に何度か開催されるイベント
その中でも最も大きなイベントの開催日
だけど
まぁ ひいている風邪とは関係なく 今まで担当していた業務も必要なくなったことだし
今年から“御役御免”となった
土日二日間連続開催だけに 助かる
というわけで 行かなくても良かったんだけど 朝だけ顔を出しておく
この会場じゃないと会えない かつて担当していたクライアントに挨拶だけしておく
寒さは一段落 雨はどうにか上がった
たくさんの参加者が列をなして入場を待ってる 今年も盛況なようです 良かった良かった

地下鉄の一日乗車券を買っているので どうしよう?
長居の「一心」とも思ったけど
こういうときこそ 遠く(?)へ行こうか!
門真南にある「三ツ島 真打 三ツ島店」へ行ってみるか
よく流行ってます うどんそのものも美味しい
おすすめというので“鶏天やまかけぶっかけ・冷”にした
麺の上に摺り下ろしたトロロイモと生玉子と味付けシイタケ青ネギそれに鶏天三つ とてんこ盛り
ここ麺で勝負なのなら もっともっとシンプルなものがいい
どうして“鶏天ぶっかけ”がメニューとしてないのか不思議
敢えてあげるなら そのへんが不満
たまたま冷え込んではいなかったけど 本当はきつねうどんとかがいいのかも
麺はとっても多くて お腹は一杯になります はい

帰り道 福寿温泉へ寄るわけでもなく園田で途中下車
ちょっと歩く場所にあるブックオフで「天皇の代理人」(赤城毅 角川春樹事務所 ISBN:9784758412032)発見
なんか 嬉しかったです はい

「旅猫リポート」(有川浩 文藝春秋 ISBN:9784163817705)
クライマックスでは うるっと落涙
青年と出逢った一匹の猫“なな”の物語り
ある理由で“なな”と一緒に暮らせなくなった青年はかつての友人に便りを送り
“なな”を飼ってくれないかと頼み 銀色のワゴンに“なな”を載せ
新しい飼い主との見合いをするための旅にでる
その旅の中で この青年のいろんなことが明らかになる
みんないい人ばかり
中でも語られる 子供の頃に飼っていた“はち”という猫についての思い出...
あゝボクのそばにも“なな”がいたらな
猫 飼いたいです
すぐに読めます
猫好きにはおすすめ
それにね 久しぶりに 表紙には村上勉さんのイラストです

次は
「箱根駅伝を歩く」(泉麻人 平凡社 ISBN:9784582835946)です
これね 読みながら
ボクは箱根を歩くのは現実的じゃない そうか~ 京都を歩こうか!
そんなことを思ってしまいます
[PR]
by hangzhou21 | 2012-12-15 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 涙の甲子園ボウル ■ ラスト騎乗 >>