■ 調子が出ないまま週末

月曜は早退
火水と続けてお休みしてしまった
木曜はずいぶん良くなって 職場に顔を出したものの また早退
金曜は出勤して一日職場で大人しく過ごす
でも 昨日の土曜はまたアカン
楽しみにしていた 顔見世もパスして家でじっとしていたのに
今朝も どうも調子が出ないのはどういうことか...
この風邪 本当にすっきり治るのか不安になる

今日は「海山おやじの会」の招集を掛けていたのに
招集を掛けた本人がドタキャンとは... ほんま申し訳ない!


   ■ ■     ■ ■     ■ ■


我等のサンフレ
クラブワールドカップの準々決勝
対戦するのは アルアハリ(エジプト/アフリカ)
ゲーム開始直後に 一回戦のオークランドとはレベルが違うのはわかった
でも 歯が立たない相手でもないこともわかった
でも 負けたのは 運がなかったとか不運だったとかではない
このゲームを見ていて
今のサンフレ まだまだいろんな意味で経験不足で発展途上であるということ
そして 良くも悪くも“寿人のクラブ”だということか
この大会 Jで優勝したご褒美のような位置付けで あまりにも準備期間が足りなかったので
勝っても負けてもいいとは云わないまでも とても難しかった
その中で精一杯闘ったのは事実だけど 他の参加クラブと較べ足りない部分もあった
要は 異文化の中でもずぶとくゴールを狙う力強さが足りなかった
いつものJが舞台なら通じること そして通じないことが このゲームを通じてわかった
(でも これは実戦をすることではじめてわかること)
今のサンフレにほんの少し何かを加えることで 充分に世界に通じる
負けたのは残念だけど その“ほんの少し”が何なのか それを得たのが大きい!
この大会に今出ていなければ この“ほんの少し”は永遠にわからない 別の世界のことだった

でもね
あんだけ チャンスを貰いながら逆転できないのはなぁ...
いやいや 大事なステップアップの途上です
それに 寿人はエースなんだけど やっぱりゴールが見えたら選択するのはシュートであるべき!
だから
来年のACLを勝ち抜くためには 次の蔚山戦
何があっても勝たないとあかん!


   ■ ■     ■ ■     ■ ■


「新潟のおせんべい屋さんが東京の女子中学生にヒット商品づくりを頼んだらとんでもないことが起こった!?」
(ROCKGIRLS かんき出版 ISBN:9784761268473)
どんなものかと 少し斜に構えて読み始めたんだけど すんなり“腑に落ちる”
経験を重ねるということは 自らの発想の可能性を狭めているんだなぁ
なるほど 失敗の可能性は低いだろうけれど 大成功の可能性も低い
長期的に見れば 活力を失って凋落していいく
そんなことを改めて教えてくれる
そこで このおせんべい屋さんの社長は中学生とコラボした商品の開発を思いつく
その実際の活動レポートがこのお話しなんだけど
お話しのつくりとしては 生徒社員第三者と書き手が固定されていないぶん 凄く解り易いし 納得感もある
企画会議をしていて若いのから斬新なアイデアが出てきても
ついつい その斬新なアイデアの粗ばかり探したり その先にある困難に目が行ったり
業界としての常識に縛られてしまい 結果 否定してしまう
それって 本当にもったいない
それはわかっているつもりだったけど やっぱり若いのの意見はもっと素直に耳を傾けないとアカンな
これからコラボ企画の商品化を考えているという人よりも
若いのたちに手を焼いているというおっちゃんにオススメなのかもしれません
だから ボクには かなり“目からウロコ”でした はい
それにしても この「ふわっと」って大阪でも売っているんだろうか?
ちょっと 食べてみたくなるよね

※こちらにもいろいろ載ってます!
岩塚製菓 
[PR]
by hangzhou21 | 2012-12-09 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 鍋の底 ■ 海外モード >>