■ はらわたが煮えくり返る

自分自身では「ボクは温厚だ」と思っていたけど
今日は久々に
“はらわたが煮えくり返る”というか“怒髪天を衝く”というか...
あまりにも怒りが大きくて どういうことがあったのかその詳細は伏せておく
まぁ いまは時間を置いたのでずいぶんと怒りも収まってきた
ひとつ云えるのは
「思いつきで発言して 怒鳴り散らし
保身だけを考えているイエスマンの社員をはべらしていたら まぁ ロクな会社にはならない」
ということ
金輪際かかわりたくない!
(まぁ 温厚でも何でもないか...)


   ■   ■   ■      ■   ■   ■



先日 取材を終えての移動の車中で話題にしていたのが
「ゾウの時間・ネズミの時間―サイズの生物学」(本川達雄 中公新書 ISBN:9784121010872)
92年に発行されたので もう古いお話しだとしても差し支えない
このダイジェストが ここに書かれている
よく売れたお話しだから どっかの新古書店さんに刺さっていて出会えるでしょう

ふと見かけたのが
先日 赤羽でお邪魔した「まるます家」の紹介記事
この「まるます家」 
何年も前(2008年11月)に「赤羽+うなぎ」で検索してヒットしたのでお邪魔したんだった
その圧倒的な迫力に 昼酒の魅力も再発見いたしました はい
もう一回は行きたいな(誰かを連れて行きたくなるお店です はい)
きっと 大阪にも知らないだけでこんなお店はあるんやろうなぁ
京橋か阿倍野か それとも九条あたりが怪しい気がする!

お気に入りの書き手であるカクバタさんのインタビュー記事も掲載されている
本人のブログ「ホトケの顔も三度まで」によると
いま GPSケイタイも持たずに 真っ暗な北極へ行っているんだなぁ
ほんま 冒険に取り込まれてしまわなければいいんやけど...

水曜の夜に不思議なメンツで飲みに行ったのが
福島の「六源」
どこへ行こうかと 何軒か考えていたんだけど
「焼鳥がいいです」というので ここにする
まぁ 今回 ボクは“添え物”のようなものだったんだけどね
ここ 美味しいしゆっくりお話しが出来るのがいいですね(獺祭もあります!)
[PR]
by hangzhou21 | 2012-11-29 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 11月もおしまい! ■ 第三極とはなんぞや? >>