■ 遠慮がちにたばこをくゆらす山頂

福定の登山口
ありゃ~ 30台以上は停められる駐車場が満車(びっくりした!)
なんとか付近の路肩に停め 8時にハイカーで賑わう親水公園をスタート
「片道2時間くらいやったかな~?」と氷ノ山越えのこのコース
もう何度目だろう? 5度目くらいかな 直前は3年前に森の音さんとしんくんと一緒に歩いた
地蔵堂までは順調 ここから山小屋までがきつかった
雪もちらほら現れて 陵線を辿るコースは溶けた雪でぐちょぐちょ
青息吐息でラストの木道に取り付き 泥だらけになりながら なんとかかんとかピークの山小屋へ到着 
ふ~ 2時間20分
後続もどんどん到着するので(遠慮がちに)タバコをくゆらせ水を補給して早々に出立
こんなに騒々しかったかなぁ氷ノ山って?
ピストンしようかと思ったけど 考えてみたら 登り道ですれ違った下山者は二人しかいなかった
それでなくとも渋滞気味だったことを考えると これは東尾根コースを下ったほうが正解かもしれない
まぁ 結局 東尾根コースもどんどん登ってこられたけどね
それにしても
かなり簡単な拵えの方が多い
まぁ動けなくなることはないと思うけど ぬかるみにかなり難儀されたでしょうね
いつもなら目にするベテランハイカーはほとんどいらっしゃらなくて
初心者ばかりのパーティが多いのも気になりました
下山途中 神大小屋あたりまで雪がたっぷり残って悪路
ラスト近くコースを少しはなれて ストーブに火を入れてコーヒーを淹れる はぁ生き返りました
麓は紅葉で秋の盛り 頂上付近は初冠雪のでもう真冬
色彩も含めたこのコントラストがこの時期の楽しみです
休憩も含めて4時間40分 くたびれ果てたけど まずまず面白い山行となりました

その後
出石
「乙女の湯」という温泉 たった400円とは嬉しい驚き!
別にどういうこともないんだけど 汚れを落とし疲れを癒すには十分満足できる いや 気に入りました!
昨年と同じ「よしむら」で出石皿そばを12枚堪能 ビールも旨かった!
15時過ぎというへんな時間なのに満席
そして
もう5回目になった永楽館大歌舞伎 こちらも満席
最初の頃は夏の盛り 演じるのも観るのも暑くて暑くて大変だったけど
11月に移って ほんとベストです!
初日の夕方の部
・実録忠臣蔵 ~大石妻子別れの場
・お目見得 口上
・鯉つかみ
楽しい!
永楽館ってほんとに近いのがいい
南座や松竹座もいいけど 大劇場とは全く違う世界 それが本当にいい
この近さで 愛之助が薪車さんが熱演しているって なんかウソみたい!
この永楽館 今年は日程があわなくて行けないけどシスティーナ(大塚国際美術館)はおすすめ!
また 四国なら金丸座もいいけど(ここはデカい!)
ほんとうはここ数年歌舞伎の公演はない伊予の内子座も永楽館と同じ世界が広がっていた
内子座は毎年必ず文楽公演はあるから こんどはそれに行こうかな
文楽といえば三浦しおんの「仏果を得ず」(双葉文庫 ISBN:9784575514445)がおすすめ!
これ 人気役者で是非 映画化してもらいたいもんです!

いやはや
永楽館からQちゃん飛ばして2時間ほど
中味の濃い休日でしたが 疲れ果ててバタンキュ~
[PR]
by hangzhou21 | 2012-11-04 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ それでいいんですか? ■ ゴクラク >>