■ もう10年か

出てすぐに買ったのが
「拉致と決断」(蓮池薫 新潮社 ISBN:9784103165323)
降って湧いたような展開で蓮池さんを含む拉致被害者の一部の方(5名)が帰国したのが
2002年10月15日 もう10年も前なのか...
この日 ボクは運転中のクルマの中でラジオのニュースを聴いていたような気がする
まだ帰国できずにいる人たちのことを思うと心が痛むけれど
無事帰って来てくれてよかった!

そんな苦難の時間を北で過ごした蓮池さんの手記
配慮が出来ていて 極めて抑制が効いた筆致で書かれている
それは ここでの内容が北の関係者が目を通す可能性が高く(というかツツヌケ)
まだ帰国を果たせていない拉致被害者にどんな影響が出るかわからないから
従って 誰が読むのかわからないから デリケートな内容には触れられていない
書き手さんの胸のうちには あんなこともこんなことももっと知って欲しいという思いがあるだろうに
そこには触れられない ある意味奥歯にモノがはさまったような物言いになっている
読み進めながら 北の皆さんはこんなふうに考えるのかと知らされた点も少なくない
ただ かつて第二次大戦前の日本のような精神論に支配されているこの国家に明日はないとも思う
国家とは何なのか 国とは?国民とは?
そんな根源的なことを改めて問われたように受け止めました
だから 結局 今の日本って...
すぐに読めます
(しかしなぁ わずか二週間で更迭される方を拉致問題の特任大臣にする無神経さがわからん!)


昨日
一日降り続くという予報だったので
朝からいつもどおりに職場に出て仕事に打ち込む(!)
休日の午前中 誰もいるわけはなくて 静か
話しかけてくる若いのもいないし 電話も鳴らない
貯まっていた仕事がはかどるはかどる!
ふと 顔を上げると 空が明るくなってる!
webで気象レーダーを確認すると どうやら数時間もしないうちに晴れてきそうだ!
あらかた済ませたこともあって よっしゃ!切上げてSpanishExpressでポタリング!
結局
18時過ぎに激しい雷雨になる寸前に武庫川コースからもどるまで 26kmほどのんびり駆けました
いい汗かきました トレーニングは来週からかなぁ...
[PR]
by hangzhou21 | 2012-10-29 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 木枯し吹く ■ れんこん >>