■ ネクタイ

今日は今日でまたまた面白くないことが起きる
ほんまに~!
ちょっとしたことで ボク自身が全否定されたような気がして
激しく落ち込む... がっくし...
まぁ 立ち直りが早いのが特徴なんだけど
二日も続くと落ち込みます

先日の名古屋東京は“ジャケット着用”というコードだったので
かなり久しぶりにネクタイを締めた(ネクタイがカビてなくて良かった!)
今日は別件で謝るというわけではないけど
それと近い理由で若いのと同行やったので スーツ
おゝスーツなんて半年振りくらいあかなぁ...
そろそろ ポロシャツのスーパークールビズもおしまいかな
しかし
ポロシャツに慣れると ほんまネクタイとか上着とか邪魔やし暑い!
ほんの数年前まで 毎日こんな姿で仕事してたなんて つくづく我慢強かったんやなぁ
それでも なんか必要に迫られてまたスーツを着る日も出てくるよね
まぁしゃぁないか...


     ■ ■ ■       ■ ■ ■       ■ ■ ■


「現代(ヒュンダイ)がトヨタを越えるとき」(小林英夫 金英善 ちくま新書 ISBN:9784480066817)
意思決定のスピードが圧倒的に違う
そのうえ 決めてからのスピードも凄い
そんなことがわかる
自動車は韓国にとって国策事業であり 財閥は国策企業なんだな
発想も「この国(地域)の市場をこんな市場に変えていく」という強い意志があっての発想
日本(トヨタ)とは違う!
“うかうかしていられない”ではなく もう負けているって感じ
これから 日本の自動車産業はどうなるのか かなり不安です
だけど
この本に“書かれていること”は実はとっても少なくて
どちらかというと 数字と資料のオンパレード
それら数字などの表層からどう読み取ったのかが知りたかったんだけどな
そうしないと 最初から結論ありきで その結論を導き出すためにウラを掻き集めてきましたという印象
(すぐに読めます はい)
[PR]
by hangzhou21 | 2012-10-02 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ オオスカシバ ■ 荒(すさ)む心は >>