■ 東京タワー

朝から昼過ぎまで会議があって その後 場所を移して表彰式と懇親会
30年近く前のことを思うと隔世の感
あの頃 観光バス2台に全員が乗れた
そのバスで草津温泉へ 宿の揃いの浴衣 お膳を前にした“ザ宴会”
いま思い出すと
あれは「社会人になってしまった」と腹を括らされた瞬間でもあったと思う
もう
全員がひとつの場所に集まって何かをするのは無理かもしれない
そう思うと まぁ ガマンして参加してもいいかなっと...
それでも 早々と引き上げてしまったけど...

何度か存亡の危機に晒されたのに よくぞ生き残った
ボク自身も腐って 何度もう辞めてしまおうと考えたことか
(単に意気地なしで言い出せなかっただけなのかもしれないけど)
この先のことはわからないけど
いろんな意味で つくづく運が良かった

まぁ
そんな感慨にふけることもなく
東京タワーがキレイに見えるホテルの部屋で 早々と眠ることにします
[PR]
by hangzhou21 | 2012-09-24 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(2)
Commented by 森の音 at 2012-09-27 22:14 x
バス2台でしたか。隔世の感ですね。
何が良いか悪いか分かりませんが、
共同体が全ての人間の個性を把握でき掌握できるのは
150人ぐらいだと社会学では言われています。

そういう意味では大きすぎる所帯に
なってしまったのですね。
私が入った時も500人くらいでしたが・・・

ガタイが大きくなると削るところもたくさん。
当然もう後戻りは出来ない、前進するしかないところが
辛いところですね。
Commented by hangzhou21 at 2012-09-28 07:00
■ 森の音 さん へ
いやはや 今年の懇親会への参加者は2,000人以上だったそうです(関係会社も含めて)
かつては
同じ職場にいて「顔も名前も知らない」って状態が信じられなかったのですが
今となっては 覚える気も失せたし ムリです
いろんな意味でほんま「隔世の感」です!

まぁ
ボク自身も「よくぞここまで頑張って(我慢して?)きたもんや」と
自分を褒めてやりたい気もします はい

「チロル」どこにあるか教えてね
こんど 京都へ行くとき(顔見世かな)カレー食べてみます


<< ■ 祝杯 ■ 秀月祭 >>