■ 持って行く本

この週末から
名古屋で一泊 東京で二泊して火曜に戻ってくる予定
荷物は極力少なくしたい
だから せっかくカバーは掛けたけど ものごっついツカがある
「光圀伝」(冲方丁 角川書店 ISBN:9784041102749)
これは重くて持っていけない(いくら面白いとしてもね!)
読み始めている
「タイガーズ・ワイフ」(テア・オブレヒト 新潮社 ISBN:9784105900960)
こちら簡単に読み飛ばせるようなお話しではなさそうなので これ一冊だけでも大丈夫かな?
でも こちらも持参しよう
「ブラックアウト」(コニー・ウィリス ハヤカワ・SF・シリーズ ISBN:9784153350052)
ポケミスと同じ装丁でなおかつ こちらも凄いツカ!
これは かなり時間がかかりそう
もう一冊
「ルパン、最後の恋」(モーリス・ルブラン ハヤカワポケミス ISBN:9784150018634)
ここまであれば よっぽどヒマだったとしても大丈夫かな?


その他にも まだ買ってはいないけど
N紙の読書コーナーで紹介されていて なんだか読みたくなった
「毒の目覚め(上下)」(S・J・ボルトン 創元推理文庫 ISBN:9784488207052)
同じコーナーで取上げられていた以下の二冊も気になります
「無力な天使たち」(アントワーヌ・ヴォロディーヌ 国書刊行会 ISBN:9784336053640)
「現代(ヒュンダイ)がトヨタを越えるとき」(小林英夫 金英善 ちくま新書 ISBN:9784480066817)
そして
「アグルーカの行方」(集英社 ISBN:9784087815061)
これは 9/26に発売だそうです 楽しみ!
このところ気に入っている角幡唯介の新刊ですね
その角幡さんがブログで紹介している
「狼の群れと暮らした男」(ショーン・エリス ペニー・ジューノ 築地書館 ISBN:9784806714477)
これもなかなか面白そうです!
しかしな~
読めもしないのに こうアンテナだけ張っていても...
時間が足らんで!
[PR]
by hangzhou21 | 2012-09-20 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ あとは待つだけ ■ 計画を立てよう! >>