■ あけがらし

一瞬「涼しくなった!」と喜んだのに
また 残暑がぶり返している
そろそろ9月も半分が過ぎようとしているのに ほんま どうしたことか...
でっかい台風が来ているみたいなので こいつが通り過ぎて 秋風を呼んでくれるのでしょう
(そう信じたいです!)


「冥土めぐり」(鹿島田真希 河出書房新社 ISBN:9784309021225)
第147回芥川賞受賞作品
しかし 面白いのか面白くないのか 楽しくなるのかならないのか
いずれも 面白くもないし楽しくもない
文学性がどうのこうのではなく この書き手さん
このお話しを通じて何を伝えたかったのか 訴えたかったのか
それが さっぱり理解できない
まるで ついこのあいだ読んだ「こんな日もあるさ」(上原隆)の一章のようだ
夢もなく面白くもなんともないこんなお話しをひねりだして
書き手さんは楽しかったのかなと思わずにいられない
唯一目を引かれたのが 主人公の母親と弟かな
この二人をもっと膨らませれば かなり興味深く 日本の歪んだ部分を描けたのではないか
そんな片鱗を感じました
まぁ それほど主人公の奈津子がよく言えば透明感があり 悪く言えば存在感がなくて 全然描ききれてなかった
彼女ほど人生を諦観している人はいないし 全く魅力が感じられない!
面白くとも楽しくもないのであんまりおすすめはできません
(「文藝春秋」9月号に掲載されたテキストを読みました)


そうそう
先日 懇意にしていただいているカメラの方に「あけがらし」なるものを頂戴した
瓶に入っているし もろみみたいなものかな?と開けてみる
冷奴の薬味にしてみようかと
ちょっと言葉では表現できないけど なかなかイケる 美味しいやん!
調べてみると 山形の醤油屋さんで ちゃんとweb-siteもある
阪神百貨店でも扱っているみたい
帰り道にのぞいてみよう
ここにも書いてるけど“他に類を見ない不思議な味わい”なんです はい
いいものをいただきました ありがとうございます!


気ばかりが焦って 空回りの一週間
ほんと
そろそろ忙しくなってきているのに
な~んにも出来ていない
ここから年内いっぱい きっとこんな気持ちのまま過ごすんだろうな
気を取り直して 連休は広島⇒山口です
[PR]
by hangzhou21 | 2012-09-14 22:45 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ ビックアーチ凱歌! ■ 再考 >>