■ 好きな食べ物はグラタンです

天皇杯 緒戦である二回戦 今治FC(地域リーグ)に負けてる
あゝ まったく何をやってんだか!
めったにお参りへ行かない神社で めったに試さないおみくじで とんでもない「大凶」を引いてしまったような気分
ここ数年 天皇杯との相性は良くなくて 三回戦とかで負けてたけど まさか 緒戦でとは...
メンバーの入れ替えはあったにせよ Jで首位を争そっているクラブとは思えない
バリィさんに負けてしまったか...
(これで お正月はのんびり出来ることになりました...)
ナビスコ杯は予選リーグ敗退 天皇杯もこの体たらく タイトルは遠いなぁ
来週 リーグ戦の頂上決戦 この敗戦が尾を引かなければええんやけど


今日は神戸で巡業公演
昨年のこの巡業 台風の影響を受け豪雨の中出かけたんやったなぁ
今回は澤瀉屋さんチーム 猿之助はいなくて右近さんが座頭です
猿弥さんの軽妙なトーク(!)に続いて
「熊谷陣屋」が良かった
今まで何度か拝見しているけど ようやく今回初めてこの外題の良さがしみじみわかった
何を考えてんだか 普通の思考回路ならとんでもないお話しなんだけど
戦(いくさ)をする無意味さを教えてくれます
それを右近さんが切々と演じていて あぁいいなと思わせてくれました
しかし つくづく歌舞伎って“お約束の世界”なんだな
最後に笑三郎さんの「女伊達」でした
神戸文化ホールの大ホール 昼の部 二階席はかなり空いていてちと寂しかったです


「幻の甲子園」(早坂隆 文春文庫 ISBN:9784167838034)
戦時下の昭和17年8月に開催された甲子園
前年は中止され この年は朝日新聞の主催ではなく文部省主催
第一回全国中等学校体育大会野球大会という名称で行われたという
だから 公式記録には“昭和十六~二十年 戦争で中止”とされ カウントされていない“甲子園”
全国から16校が参加したこの大会を まさに最後のタイミングで克明に記録したノンフィクション
まず 書き手さんの綿密で丁寧な取材に頭が下がる思いだ よくぞここまでリアルに再現してださった
それに 取材を受けた元球児たちの記憶力に驚くしかない
「甲子園球場で野球が出来る」ことは素晴らしいことであり いつまでも記憶に残ることなんだな
驚かされるのは 当時の球児たち とんでもない猛練習をこなしていたこと
そして やっぱり平和はありがたいと思う もう二度と戦争は起こして欲しくない!
いつか分からないけど 甲子園で野球を見ることがあれば 是非 カレーを食べてみよう!
[PR]
by hangzhou21 | 2012-09-08 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(2)
Commented by スールー at 2012-09-09 11:34 x
すいません。グラタンの話は?
Commented by hangzhou21 at 2012-09-09 19:27
■ スールー さん へ

すいません
タイトルと本文 何のこっちゃ?と思ってしまうよね
猿弥さん ずいぶん食いしん坊のようで
以前は「はり重」(松竹座にすぐそばにある)の“ローストビーフ”とおっしゃってたんですが
今回は 何故か「グラタン」だったんですね
ちなみに 嫌いな食べ物は「カボチャ」だそうです
... ということなんです すんません


<< ■ 晩夏の仁川参戦 ■ 無花果 >>