■ なす天

てんぷら(練物ではなくて 衣をつけて油で揚げるほうね)
ふつうの人(?)は エビとかイカとか あるいはキスとかが好きだと思うけど
てんぷらで一番好きなのは なす
実は それも揚げたてのアツアツではなくて 冷めて 一晩冷蔵庫に置いといたなす
それに ウスターソースをどばどばっとかけて食べるのが好きなんです
(まぁ いろいろご意見はあると思いますが...)
二番目は 紅しょうがなんですね
紅しょうがを輪切りにして 串に差してあるヤツ
串から抜くと 串が紅く染まってるヤツね
これも ウスターソースが合います(ご意見はなしね!)
三番目は これまた冷たくなったたまねぎです(これもウスターでね!)

こんなことを書きたくなったのも
今日 お昼に寄った「ごくう
ランチのセットが“なす天ぶっかけ+かやくご飯”だったから
鶏天 タマゴ天 チク天 そんなんはあるけど なす天にはなかなかお目にかかれない!
なんだか ものごっつい嬉しかった!
それに この「ごくう」うどんが旨い
ほとんど期待していなかっただけに 嬉しかったなぁ...
大盛りにしておけば良かったかなぁと後悔したほど(まぁうどん屋さんは逃げないしね!)

このところ
うどん屋さん いろいろ調べて結構初めてのお店へ行きました
“この夏”というくくりで云えば
「つきろう」北加賀屋 ⇒ ものごっついオススメ!
「千舟屋」伊丹 ⇒ かなりオススメ
「寺田商店」園田 ⇒ 変わったうどんが楽しめます
「よつ葉」東須磨 ⇒ 水準以上です
「木田」江戸堀 ⇒ 美味しいけどうっとうしい
「うだま」3ビルB1 ⇒ 悪くないけどもう少し個性が欲しいな
「はるしん」JR尼崎 ⇒ まぁ興味があれば...

こうやって思い出してみると
うどんもどんどん進化しているのがよ~くわかります
コシや硬さやのど越しなど 麺に求めるファクターがどんどん重要視されてる
(暑い季節だから 冷で食べるから余計そうなる)
でも
本来 讃岐とちゃう大阪の“おうどん”って もっとダシに力点を置くべき
そう感じ始めてる(少なくてもボクは)
折角のこの麺やったら もっともっと美味しいダシで食べたい!
全然関係ないけど
旨い鶏天 「たけうち」「TKU」それに「木田」です

この秋は うどんの巡礼は開催されないみたい
ちびっと淋しいです
[PR]
by hangzhou21 | 2012-09-03 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ イルカ ■ 静かな静かな扇ノ山 >>