■ 似て非なるもの

c0067706_8462981.jpg


前夜 引き続き荒天の予報が出ていたけれど
起きてみると なんとか雨は降っていない レーダーを確認しても大丈夫みたい
こうなったら“迎酒”ならぬ“迎走”しかない
ただ 今日もう一回100km駆ける自信はない まだ太もも筋肉痛だしね
ということで リハビリ走は控え目に

いつもの布袋さん近くのパーキングをスタート
ここから テニスコートを経て青野川を遡って永沢寺までのヒルクライム
いったいどれくらい時間を要しているのか サイコンを時間表示にする
最高にしんどいとき 情けないことに 時速は7キロも出てない
アタマや顔から汗がふきだして その汗がつたって あご先からぽとりと落ちる
それが SpanishExpress号のフレームへ ぽたりと当たる
そのうち何度かはぽたぽたと数滴続く
必死のぱっちだけど まぁ 思わず 自己陶酔してしまう瞬間でもあるわな
何度も踏んでるコースだから だいたいアタマに入ってる
あとどれくらい もうひと踏ん張り...
母子(もうし)を過ぎてからの急坂 これが曲者
今回この坂で 後輪がスリップ(空転) こんなこと初めて経験した!
青息吐息でゴール
距離は18.02km タイムは1時間05分15秒 (平均時速約16.6km/h)
このタイムが速いのか遅いのかはわからないけど
なんとか 1時間を切るようにがんばりたい(でもハードルは高そう?)
奥後川の坂を下りて 後川ドライブインで休憩
ここで折り返して もう奥後川を上がる脚はないから 小柿 木器(こうづき)を経て
香下から志手原小の手前を田んぼの中へ
いつもの花山乃湯の前を通ってパーキングへ
50kmあるかなと思ったら ちょい足らず48.6kmでした
ちょうどいい感じの心地良い疲労感
不思議なことに 太ももの痛みというかハリはすっかり取れました!


三田から篠山経由で西宮浜まで(盤滝トンネル経由)
このあたりにあるコープの近くに「神戸ごきげんキッチン」というお店があり
情報によるとここでもあの例の「サンボア」のカレーが復元されているという

ガセでした いや「ガセ」ではないか...
確かに“インベロカレー”という名前のカレーはメニューの一番上に載ってはいたし
見た目は「そうかも」と思えるものだったけど...
芦屋の「グラス」のときは 辛目の採点で“90~95点”やったけど
ここでは 甘目の採点でも“10点”がせいぜい(ちょっと変ったカツカレーなだけです)
味はサンボアのカレーと全然違うのに とにかく ヴォリュームは満点で完食に四苦八苦
おかげで 晩ご飯はパスしてしまいました... とほほ...


某国のイ大統領 竹島上陸 天皇陛下への謝罪要求発言...
連日 やってくれますね
今度は中国 香港の活動家による尖閣諸島上陸逮捕...
挑発行為には断固とした態度を取る必要があるものの
感情的にになって簡単に挑発に乗ってはアカン!
少し前のロシア首相による二度目の北方領土訪問といい
「日本くみしやすし!」と見られている原因をしっかり分析し その原因を排除すべき
「日本は(やっぱり)手強いな」とか「日本を刺激すると面倒なことになる」
そんな認識を与えないと ますます増長して 行動も要求もエスカレートする
日本政府には毅然とした大人の対応を期待したい!

しかし
ここ数日の動きを見ていて
韓国と中国 それにロシアの政治家たちが腹の中で何を考えてんだか
それが垣間見えたような気がするなぁ...
[PR]
by hangzhou21 | 2012-08-15 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(2)
Commented by スールー at 2012-08-16 22:50 x
「神戸ごきげんキッチン」ダメでしたかあ。これは失礼しました。
「アメリカ」の腹も見えたような気がしますね。
Commented by hangzhou21 at 2012-08-17 06:42
スールー さん へ

ごきげんキッチン あきませんでした!
まぁ 最初からそんなに期待していなかったからね
それよりも 西宮浜の高層住宅群 大丈夫なんでしょうか?
人通りがほとんどなくて 荒廃の影が忍び寄っている気配が...

しかし
内政が安定していなくて
国内が一枚岩じゃないとみるやいなや 虎視眈々とちょっかい出してくるね
某市長の存在にファッショの匂いを感じているボクは
ナショナリズムの高揚とともに なんか 妙な独裁政治が敷かれないか...
正直 不安です

それに
某大統領 ブレーンはおれへんのかな?
もう任期切れだから 何をやってもええやん って気配が濃厚...


<< ■ ヘソ曲がり ■ 夏バテかなぁ... >>