■ カープ戦

c0067706_613144.jpg


夕方
広島出身の若いのがするすると寄って来て
「明日 ドームでカープのナイターがあるんですけど どうですか」
久しくプロ野球には行ってない
京セラドームなら行ってもいいかなぁ
ジャイアンツのホームゲームだという
チケットを調べてみると 三塁側上段自由席(2,200円)だけまだ発売中
涼風の中 ビール片手にカープの応援もいいかも そういう情景がアタマに浮かぶ
さっそく 職場近くのローソンにうきうきしながら買いに行くと
なぜか そこの端末では「販売終了」 う~ん残念!
前の夕方やなくて せめて 一週間は前に云ってくれればなんとでもなったやろうに...

兵庫県では
7/7から甲子園の予選がスタート
我が母校 8日の日曜 一回戦に登場
アタマの片隅には 球場へ行ってもいいかなと思っていたけど...
残念ながら 初戦で敗退
短い夏が終わってる(コールド負けではなかっただけマシか)
そうか~ もう来年まで応援へ行けないね
なかなか上へは行けないね
甲子園球場まで 物理的にはそう遠くないんだけど...


少し前に読み終わったのですが 紹介が遅れました

「イエティ ヒマラヤ最後の謎「雪男」の真実」(根深誠 山と渓谷社 ISBN:9784635178211)
ふと寄ったブックファーストさん 平で積まれていたのがこのお話し
根深誠とは懐かしい
ヒマラヤや白神山地の山歩きや釣りのお話しで親しみがある
誠実で真面目なテキストの書き手さんだ
それにタイトルが「イエティ」なのも目を引く
そうそう「雪男は向こうからやってきた」(角幡唯介 集英社 ISBN:9784087814767)で盛り上がったばっかり
このお話しもなかなか良かった
「雪男」とはいったい何なのか 本当にいるのか
そんな疑問に対して ヒマラヤ放浪を続けたこの書き手さんが真摯に向き合っている
結局
ボクの心に最も残ったのは最後の方に書かれていること
「答は是か非かその二つしかないわけではない
日本の教育は あっているか間違っているか それだけを求めてきたのではないか
そのどちらでもない答があってもいいじゃないか」(テキストそのままではありません)
雪男のことはともかく
この書き手さん 本当によく歩いている
そして 一度でいいからネパールへ行ってみたい そう思わせる
ひとつだけ苦言を申し上げることが許していただけるなら
やや焦点がボケていること 読者に対して論旨がまとまっていないのかと思いました
雪男ではなく 本格的なヒマラヤトレッキングに興味がある方におすすめなのかもしれません
[PR]
by hangzhou21 | 2012-07-09 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ ナイター ■ ナカジ ありがとう! >>