■ “思い”はコトバでこそ伝わる

c0067706_14352742.jpg


「サファイア」(湊かなえ 角川春樹事務所 ISBN:9784758411936)
この書き手さんのお話しは全部読んでる
そして 9作とも新古書店さんで買ったような気がするなぁ...
それはともかく
この「サファイア」は短編集(うち最後の二話は連作だけど)
久しぶりにピリリと効いてる!
たぶん 多くの人は最後の二つの続いたお話しがいいんだろうけど
ボクは最初の入れ替わるお話や その次(だったかな?)のズスメのお話しがインパクトがあったな
両方とも ある程度予想できるお話しではあるんだけど“凄み”を感じた
ボクにはわからない 女性の“したたかさ”というか“打算”というか...
まぁ インパクトがあったということです
短編集ということもあってか 一気に読んでしまいました はい

「TOKYO初夜ものがたり」(梯久美子 角川書店 ISBN:9784041101506)
キタイハズレ!
実は結構期待していた
ページを繰る前に入っていた情報 充分に期待を抱かされる
そもそも 切り口が秀逸だ
東京に出て来て 才能の華を開かせた人たち 彼らは上京一日目の晩 どう過ごしたのか?
有名になって 華開いてから 上京してきた人はいない
どうなるのかわからないまま 進学 就職 それとも他の理由で東京へやって来たわけだ
その“初夜”は 帝国ホテルやプリンスホテルのわけはない
ましてや 豪華なマンションの一室ではなかったはずだ
でも
切り口であっただけで このテーマに関する掘り下げは“浅い”(と言わざるをえない)
そういう意味で“キタイハズレ!”なわけだ
“TOKYO初夜”を切り口にしたインタビュー集 それだけです
何も期待していなければ まずまずな本だと思います はい


会議があったので東京へ
少し早く行って
結果としては 二軒のブックオフをはしご
前回 上巻を二冊買ってしまったお話し ようやく下巻をみつけました(もちろん買いました!)
別に探していたわけでもなかったけど
「太陽は動かない」(吉田修一 幻冬舎 ISBN:9784344021686)も買ってしまいました
重いのに本買ってどないすんねん!

会議ではなく勉強会
その一コマは講演会 講師はコピーライターの渡辺潤平氏
刺激を受けた
お話しが上手かっただけではなく
“思い”を“言語化”することの重要性を再認識 コトバにしないと伝わらない!
もちろんそのコトバ 考え抜いてそぎ落としたもの
氏に才能があるのはもちろんなんだけど
お話しを 拝聴しているとボクでも何か出来るのではないかと..(んなワケないけどね)
なんか ポジティブになれた
同じ話しを聴いていた若いのたちはどう思ったのかな?
そこにも ちびっと興味があります(帰ったら聞いてみよう!)
[PR]
by hangzhou21 | 2012-05-31 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 五月のお昼 ■ 松井選手 おめでとう! >>