■ ミミズとムクドリの関係

c0067706_13274577.jpg


左腕のヒビもすっかり癒えて
気持ちよく SpanishExpressで遊べる
平日の朝錬はキビシそうなので 週末にまとめて踏むしかない
でも
まぁ いきなり70キロはムリがあるので 武庫川コース
それでも 結局 朝と夕方で 60キロ近く踏んだ
スピードはちっとも出てないのに 息は荒い まだまだやなぁ...

先日
ミミズの先生のお話しを読んだせいで
朝のサイクリングロード 干からびたミミズが無数に横たわっているのが気になる
(きっと 今までなら気にもならなかったと思うけどね)
どういう理由かで 10メートルもないサイクリングロードを横切って向かい側へ行こうとしたんでしょうね
ふ~む
で そのミミズを掃除しているというか 嬉しそうにくわえているのが
黒くて ウズラを少し小さくしたような
黄色いくちばしに黄色い脚 そして尾が短くてちょんちょんと跳ねるように飛ぶ鳥
ふ~む むくむくムクドリです
そのせいか
夕方に同じコースを踏んだときには キレイに片付いてました

道頓堀の松竹座「團菊祭五月大歌舞伎」(昼の部)
・菅原伝授手習鑑~寺子屋
・身替座禅(みがわりざぜん)
・恋飛脚大和往来~封印切
團菊祭で菊之助も海老蔵も揃っているのに
数日前でもカンタンに切符が取れて 三階は2/3ほどの入り
きっと 一ニ階も埋まってはいなかったのでしょう なんとももったいない!
「寺子屋」はなんとも理不尽なお話し
「身替座禅」は松羽目物なんですね 初めて拝見しましたが 面白い!
今回は右京が菊五郎 玉の井に團十郎という大物でしたが
この役は 演者を選ぶ難しい役だな
「封印切」はもう何度目でしょう
忠兵衛に藤十郎 八右衛門に三津五郎 右衛門に左團次
三津五郎はこんなやらしい役は合わないかな
いつもとちょっと演出が違ったけれど まずまず
これも哀しいお話しですね
粒ぞろいの演目で満足です
片岡チームは吉弥さんだけなのに 當十郎さん比奈三さんも頑張っていました!

松竹座を出たところで声を掛けられる
う~む
世の中狭いな
どこで誰に出会うかわかりません!
[PR]
by hangzhou21 | 2012-05-19 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 空気がふわっと ■ 初夏の趣 >>