■ 八十八夜

c0067706_5272134.jpg


今朝のラジオ 今日は八十八夜だと伝えていた
そうか もう初夏なんだ

このところ
頑張ってお話しを読んでる
「くちびるに歌を」(中田永一 小学館 ISBN:9784093863179)
久しぶりにこみあげてくるものがあった
それに 残り数ページというところで門戸に着いてしまい
惜しくて ホームのベンチに腰掛けて読み終える
ある意味 青春学園ものの王道
とても上手く中学生たちの心を書いている
いつしか ボクも知らないけれど 唄をくちずさんでいる
>「そりゃあ、合唱がたのしかけんたい。惰性じゃなかと」
>合唱が楽しい。
>一人一人の声が寸分違わずにぴたりと重なり、渾然一体となって場を支配する瞬間があった。
あゝ いいな
こんな思いをするために ひたむきに青春の時間を使える
もう過ぎ去って二度と帰ってこないからこそ そう思う
ボクは素直にいいと思った ありがとう!

5/1で映画の日だから映画も観に行く
こないだ東京で観ようと思ったけど 時間の関係でパスしたお話しにする
「少年と自転車」(ベルギー シネリーブル神戸)
う~ なんとも尾を引く
シリルは父親から見捨てられる
文字通りだし あらゆる意味で見捨てられてしまう
そんなシリルを週末だけの里親として面倒をみるのがサマンサ
だけど シリルはサマンサの気持ちはわからない
いや シリルはなんにもわかっちゃいない
このシリルの気持ちもわかるし サマンサの気持ちもわかる やるせなさだけがつのる
彼がいつも着ている赤いシャツが哀しい
この気持ち この画面 このつくり どこかで観たことがあるような気がすると思ったら
調べてみると「息子のまなざし」のチームが制作しているんだ!
佳作だけど ある意味 退屈 だから 観る人を選ぶお話しです


     八  十  八  夜     八  十  八  夜     八  十  八  夜


梅田ガーデンシネマでも上映している「少年と自転車」を三宮で観たのは行きたいところがあったから
そこは
「香港王・ホンコンキング 神戸店」
あのチャイセンが閉店してしまった いま
オフラインで香港や台湾と通じているのはここしかない
(その割にはすっかりその存在を忘れていたけど...)
GW後半の天気はもうひとつみたいだから DVDでも見て過ごそうか
そういえば気になっていた台湾の大ヒット作
「あの頃、君を追いかけた」(原題:那些年,我們一起追的女孩、You Are the Apple of My Eye)
DVDが出てるはずだしね でも どこで売っているのやら...
結局
たずねて行った香港王でも“品切れ” 仕方ないから予約しておきました
一週間くらいしたら入荷するそうです(もうGWは終わってるけどね)
[PR]
by hangzhou21 | 2012-05-01 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(2)
Commented by grace at 2012-05-02 08:07 x
おはようございます。今日は雨ですねー。

>佳作だけど ある意味 退屈

この「退屈」という発想は無かった!(笑) そのとおりかもです。
人におすすめする時には気をつけなければ。
たいがいのフランス映画はこの「退屈」という評価から
逃れられない気がします。(ワタシにはそこがいいのですが)

で、
>オフラインで香港や台湾と通じているのは

香港王さんも神戸のお店は小さいお部屋(失礼)に移転されましたよねー。
オフライン、というとこちらが梅田にあります。
http://wintimplanning.seesaa.net/
こちらもマンションの一室ですけども
ツイッターをされているので、フォローしていると
入荷状況みているだけで楽しいです。
Commented by hangzhou21 at 2012-05-02 08:37
■ grace さん へ

早晨 歓迎光臨!

いろいろ教えてくださってありがとうございます!

そうか~ どうりで 以前にお邪魔した「香港王」と違ったんや!
靴は脱ぎませんが かつての「チャインセン」のような感じでした
梅田のオフラインのショップ面白そうです
次回何かほしいものが現れたら 要チェックですね

>退屈
なんとも失礼な表現で申し訳ないですが
過剰ではなく抑制の効いた演出がそう感じたのですね
音楽も極端に抑えられてました
この作り手さん独特の世界だと思います
この後 シリルとサマンサがどうなったのか 知りたいような知りたくないような...

また
遊びにお越しください!


<< ■ アライグマ ■ 四月のお昼 >>