■ せん妄

c0067706_23523265.jpg


金曜だけのはずだったのに
木曜の夕方からの会議にも出席せよということになった
木曜から日曜まで三泊四日で東京
会議をふたつこなした後に
浅草の中村座と国立劇場で歌舞伎もふたつ
映画もふたつ観ようかと 画策中 よぉ遊ぶなぁ...

今夜は 佐野さん(仮名)を呼び出して
九段下でちょっと飲む
明晩は 目黒で久々に「女学院前会」になる予定
暖かいのか寒いのかよくわからないので 服装に迷うけど
まぁ なんとかなるでしょう

ようやく一段落したと思ったら
もう来季に向けてネジを締め直す時期になってる
今日の会議はそんな内容だった
漠然とした不安もあるし しっかり準備しなくっちゃねとも思う
こんなことしながら また一年たってしまうのか...


何かの書評でみかけて 読んでみたいと思ったのが
「俺に似たひと」 平川克美 医学書院 ISBN:9784260015363
すぐに読めます
印象にのこったのは“人間の死亡率は100%”という表現
そうなんだ ひとは誰でも生まれた瞬間から死に向けて歩き始めているんだなぁ...
(それには 選択の余地はない!)
介護のお話しでもなく 恨みつらみや泣き言が綴られているのではない
家族って何なのか 親子って何なのか
そして 何もないことがいかに幸せなのかを 淡々とした文章の中にも切々と訴えています
親とちゃんと向き合って話しをすることも大切なんだなぁ...
そして ボク自身も 何時“介護”と真正面から向き合わないといけなくなるのかわからない
そのときになって慌てふためかないために ちょっとは心の準備をしておこうか
それにしても“せん妄”って ちょっと凄いな
全く初めて知ることだけに びっくりしてしまう
[PR]
by hangzhou21 | 2012-04-19 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ どこにも通じない階段はない... ■ 白髪三千丈 >>