■ 無謀 暴走 突き腕 半泣き しまなみ海道

c0067706_9453215.jpg


ここ半年
ずいぶんSpanishExpress号でお稽古してきた
その総決算として 尾道から今治までしまなみ海道を走ってみようと密かに計画
片道で70キロということなので 朝早く出発したら日帰りで往復できそう(な気がする)
武庫川20キロ 青野ダム42キロ TheKayandoAttack 大ループ72キロ と順を追って踏んできた
まぁ なんとかなるでしょう
スケジュールを確認すると 桜花賞の前日が良さそう
森の音さんに声を掛けると 出番の土曜なのに交代してもらったというこで 快諾!
折りしも うちの若いの4名も 大阪から愛媛まで金曜の晩発のフェリーで行き しまなみをサイクリングするという
よ~し こうなったら 駆け抜けるしかない!
SpanishExpressとGIOSをQちゃんに積んで出発!

ビンディングペダルだから 踏み続けるしかない 何しろ ペダルから脚が離れない
風も雨も陽射しも関係ない
とにかく 前を引いてくれる森の音さんが強くて ぜんぜん付いて行けない
(最初は上り坂だけだったけど その後は平坦でもちぎれてばかり)
こまめに休憩してエネルギーを補給しながら ひたすら踏む
泣きそうだけど とにかく 脚が離れないから踏み続けるしかない
大ループに比べるとコースそのものは楽勝だと思ったけど
初めての100キロ越えは甘くなかった
今日 森の音さんが引いてくれたからこのタイムが出たけど
独走だったら2時間は余計にかかってたと思う

途中
今治を出発した サイクリング組の若いの二人 別々の場所で遭遇
その後 来島海峡大橋で クルマの二人とも一瞬すれ違う(カタチはともかく 逢えて良かった!)
行きの多々羅大橋の入口にある急坂で落車
その際に 庇って左手をついて “突き指”ならぬ“突き腕” 痛い!
思ったほどドロドロにはならなかったけどヘロヘロ
帰路予定していた尾道の銭湯も発見できず 三原の道の駅は時間切れで閉店
いろんな意味で森の音さんには迷惑をお掛けしてしまった...(すんません)

向島渡船7:30⇒今治サンライズ糸山11:45(70キロ 4時間15分)
今治サンライズ糸山12:45⇒向島渡船17:15(70キロ 4時間30分)
いやぁ~ こう書くとなんでもないように見えるけど 死にました
とっても素晴らしいコースで ほとんど危険もない
高低差も思ったほど急ではなく快適(だったはず)
景色もいいし 海岸線も橋の上も本当に素晴らしかった!

次回
もし もう一度しまなみを踏むなら 一泊二日でのんびりポタリングかな?
それとも 疾風のように駆け抜けて 大幅なタイム短縮を狙うのか...
[PR]
by hangzhou21 | 2012-04-07 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 29回目の桜花賞 ■ 泣かれる >>