■ 春の嵐 ふたたび

c0067706_6303716.jpg


昨日は東三国 今朝は西中島南方
雨 激しいです
週末に続いて春の嵐

よく知っている社長のいるクライアント
でも 知っていたつもりでも 実はそうでもなかったと 今日の取材で知らされた
実にシャープで面白い 予想の範囲を超える若手の登場にびっくりした!
それは 単に出身大学のレベルだけではなく
受け答えや言葉の選び方に自然に出てくる
知的なだけではなくユニークさも兼ね備えている(ちびっと 褒めすぎかな?)
こんな優秀な若手が社内にゴロゴロいるんやったら
そらぁなかなかメガネにかなう子はおらへん...


寝不足なのか 白髪が増えたの ハゲたのか
そんなことはともかく
寝付けないほど悩まされている例の案件
進展があって
どうにか何とかなりそうな光が見えてきた(ような気がする)



中途採用の面接
取材で若い人たちに毎日のように会って話しをしているんだけど
面接は久しぶり
事前履歴書他の資料は見ていたんだけど
実際にお会いして ほんの少し言葉を交わして
残念ながら もう興味が無くなった
難しいな この人と一緒に働くことは想像すら出来なかった
出会いは縁だけど 今回は縁がなかった


「どしゃぶりが好き」須藤靖貴 光文社文庫 ISBN:9784334763879
今回も続編
前作は「俺はどしゃぶり」(99年に発表されたこの書き手さんのデビュー作)
珍しいフットボールのお話しでした
母校に赴任した新米教師がフットボールの同好会を立ち上げる
今回は そのフットボール同好会のその後が描かれています
面白く上手い!
フットボールが好きな人なら ぐいぐい引き込まれること間違いなし!
冒頭に出てくる“コンフュージョン・ミサイル”傑作です
それも NFLやカレッジの1部しか観ていない人にはわからないかもしれない
そんなニヤリとさせられる面白さ
読み手は選ぶけど オススメです

“積読”ではなく
カバーを掛けられ カバンの中に入って順番を待っているのが
「あたしのマブイ見ませんでしたか」池上永一 角川文庫 ISBN:9784043647019
「人事のプロは学生のどこを見ているか」横瀬勉 PHPビジネス新書 ISBN:9784569791951
「私、社長ではなくなりました」安田佳生 プレジデント社 ISBN:9784833420006

買ってしまったのが
「選択の科学」シーナ・アイエンガー 文藝春秋 ISBN:9784163733500
「小野寺の弟・小野寺の姉」西田征史 泰文堂 ISBN:9784803001662
う~
一日30時間ほど欲しいなぁ...
[PR]
by hangzhou21 | 2012-04-03 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 春日和 ■ 白髪が100本 >>