■ 映画の日

c0067706_2029568.jpg


ショッキングな出来事
愛用していたUSBメモリに異常が出て PCが認識してくれない!
ありゃ~! 結構いろんなデータを保存していたのに!
困ったなぁ...
拙宅にある複数のPCで試してみたけど アカン
この突然の成仏には参った!
(ということで「3月のランチ」はアップがずいぶん遅れます 思い出せるかなぁ?)

体調も戻ったので
久しぶりに 映画をハシゴ
昨日行かなかったののが良かったのか 今日は一日で映画の日やんか! よっしゃ~!
「青い塩」(韓国 ブルク7)
ソンガンホの主演ですね
思えばガンちゃんって 2000年の1月に観た「シュリ」で逢ってるんだ
「シュリ」では 確か途中で死んでしまう情報員の役だったと思うけど
それを思い出すとまさに隔世の感がある... すっかりいい役者さんになりました
監督はイヒョンスンという「イルマーレ」を撮った方
そうなると 自然と期待が高まるんだけど う~む...
とにかく ものごっつい残念なラスト
ひょっとしたら 別ヴァージョンのエンディングも用意されていたんではなかろうか とさえ思ってしまう
このラストなら ソンガンホを起用する意味は無かったような...
シンセギョンも悪くはなかっただけに ほんとうに残念
オダルスの顔を久しぶりに見ることが出来たのがせめてもの救いかな?
映画の日で1,000円じゃなかったら 「カネ返せ~!」と叫んでます 間違いなく!

もう一本は
「父の初七日」(台湾 梅田ガーデンシネマ)
全く何の予備知識も無く 台湾のお話しだから拝見しました
映画の日でも半分より少ないほどの入り
そうだよね お葬式のお話しだし スタアは誰も出てないしね
お葬式のお話しって大陸の「ハッピーフューネラル」とか韓国の「祝祭」なんかを思い出す
でも
今回の「父の初七日」 もっともっとスケッチ風
それがいいとも思うし 視点がブレてるとも思うし...(映画って難しいね)
間違いないのは かなりの低予算のお話しってことです
いいのは 一応ヒロインのアメイ(阿梅)を演じる王莉雯(ワンリーウェン)
(彼女はまるで小林聡美みたいな感じです)
重要な役どころである道士阿義(アイー)の呉朋奉(ウーポンフォン) なかなかいいんだけど
でも マニアックなボクは この役こそ あの賈孝國(ジアシャオグオ)に演じて欲しかった...
それにしても 結婚式 葬式...
人生のターニングポイントって 儀式なんだなぁ
そう思うと かなり以前の日本映画ですが「ワンダフルライフ」(99年公開)を思い出しました
面白いけど ちびっとマニアック そんな意味であんまりおすすめではないかな

映画 どんどん観たくなってきました!
「預言者」 フランス 第七芸術劇場 上映中
「汽車はふたたび故郷へ」 グルジア テアトル梅田 上映中
「ポエトリー アグネスの詩」 韓国 テアトル梅田 上映中
「昼下がり、ローマの恋」 イタリア 梅田ガーデンシネマ 上映中
「ドライヴ」 米国 ブルク7ほか 上映中
「ニーチェの馬」 ハンガリー 第七芸術劇場 4/14~
「別離」 イラン 梅田ガーデンシネマ 4/14~
「イップ・マン 誕生」 香港 シネリーブル梅田 4/14~
「自転車と少年」 ベルギー 梅田ガーデンシネマ 4/21~
まぁ 時間が足りへんなぁ...



体調も戻っているので SpanishExpressを踏む
時間が無いので遠出は難しい TheKayyandoAttackにしよう!
激しい息切れ タイムは30分54秒 あかんやん!
こんなんで 来週 しまなみ街道を駆け抜けることができるのか 不安... 
[PR]
by hangzhou21 | 2012-04-01 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 白髪が100本 ■ 3月のランチ >>