■ いろいろ考える送別会

c0067706_5432889.jpg


このところ毎朝
家を出るときに裏庭に回って見に行くのは梅の小枝
白い蕾 ずいぶん膨らんできたけど
まだもう少し 週末にはほころぶかなぁ

二月は逃げて行ってしまい
もはや三月
ほんま 時の流れのなんと速いことか
ついこないだ 初日の出を見に甲山を歩いたように思うのに...
寒い日もあるけれど 冷たさも溶けてきた
梅はもう間もなくだけど
ツバキ 有楽は満開 玉の浦も咲いている
一休や春風もポツンと花が開いています
ツバキの蜜を吸いに やっとメジロもチチチと来てくれる
(この冬は全然姿を見ないから心配してました!)
レンギョウやサクラはまだまだ
そういえば
先週の72キロループを踏んだ日は暖かくて
山の中で ウグイスの試し鳴きが耳に届いた
明るくなる時間もずいぶん早くなってきたしね
三月はやっぱり“春”です!


昨夜
昨年の初夏から預かっていた若いのコトブキ退職 おめでとうございます!
最後の出社なので にぎにぎしく送別会
(延長戦をお願いしていた派遣スタッフさんの送別会も兼ねて)
ボクの手許にいた期間はわずかだった
朗らかそうな外見とは異なり オープンな性格でもなかったし
ボクも敢えてつつかなかったこともあって
結局 よくわからなかった 良い子だったとは思うけど...
少なくとも 仕事に全力投球ということもなかったかな
彼女への言葉を考えていて
ふと「そうか」と今頃になってわかったのは
好奇心のツボミがあまりにも未成熟だったのか
それは 世間知らずというものではなく
あまりにも興味の対象が狭く その範囲以外の刺激に対してどうしていいのかわからない
そんな“不感症”だったのではないか?
そんなふうに思う(全然違うかもしれないけど)
何年か(いや何ヶ月か?)経って 果たしてこの若いのことを思い出すのかな
良くも悪くも優等生すぎて 確かに手は焼かなかったけど 印象は淡かった
あまりにも“過ぎ去った感”が...

とにかく
ご苦労さまでした!
[PR]
by hangzhou21 | 2012-03-01 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 卒業した若いの ■ 2月のランチ >>