■ 宇治川マラソン

c0067706_6484842.jpg


いきなり若いのが「マラソン走ります」という(ハーフだけど)
この若いの ストイックで“追い詰められている私が好き”というナルシズムの持ち主
運動神経に恵まれているとは思わないけど
全くアカンわけでもなさそう
ここ数週間は帰宅後 ひそかに走りこんでいたらしい
しかし
5kmや10kmではなく いきなり“ハーフ”というのが この若いのらしい

というわけで
別の若いのと 寒さやり直しの底冷えのなか 宇治まで行ってきました
一眼レフを持参
きっと 京都新聞か何かの紙の小旗が渡されて 沿道は鈴なりの応援や見物の人たちのはず...

がら~んとした小径 思い思いのウエアのランナーたちが寡黙に通り過ぎるだけ...
普段着のおっちゃんおばちゃんがいるだけで 小旗はもちろん 声援も拍手もない 
もちろん ボクたちのように参加ランナーを応援する人も少しはいたけどね
果たして
これだけ大勢のランナーの中 目的の若いのを発見できるのかと心配したけど
まぁ それはなんとかなるもので
ユニホームの色も教えてもらっていなかったのに ちゃんとわかりました
(でも 声援を送るので精一杯で この若いのの写真は撮れず)
スタートして20分程度だから まだまだ元気そうだったし
位置も半分よりは前だった
意外と頑張ってる!

ラスト3キロの縣神社の前まで移動して 折り返して来るランナーたちを待つ
駆け抜けていくランナーの皆さんには拍手して声援を送る
飛び抜けて速かった先頭の人が通り過ぎて一時間は過ぎたかな
ここには件の若いの とうとう現れず
10km地点で60分という制限タイムで足切りされたのか 力尽きてリタイアしたのか
それとも 見逃してしまったのかな?

今日のようにしてマラソンを沿道で見たのは始めてだったけど
案外と楽しかった(ものごっつい寒かったけど!)
ランナーの皆さんが 苦しくてしんどそうな中にも楽しそうな姿が印象的
見てたら「ボクにも走れるんちゃうか?」と思えてくるから不思議(走れるワケない!)
でも きっと ムキになってしまうから あと10kgは減量しないと膝を壊すな
ひとまず
ランニングではなく 自転車で走ることにします!
[PR]
by hangzhou21 | 2012-02-26 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ シューズ ■ 仁川から春 ボクは未だ厳冬 >>