■ 映画アンテナ

c0067706_2212693.jpg


錆が浮きまくっていた映画アンテナ
一本観ただけで
ほんの少しだけ感度があがったかな?

東京国際映画祭は新作をどんどん上映してくれていいな
(チケットの争奪戦は凄いらしいけど)
そんなことを思っていたら
「もうすぐ大阪アジアン映画祭がありますよ~」とのお便りが届く
(それにどんたくの頃には「福岡アジア映画祭」もあるよね すっかり足が遠のいているけど)
この大阪アジアン映画祭 秋に中之島にあったリサイタルホールが会場だったころはよく行ったなぁ...
今年のラインナップをながめていると
サミーチェンそれにスーチーのお話しが上映されるなぁ
「高海抜の恋 Romancing in Thin Air」(サミーチェン)
「2番目の女 The Second Woman」(スーチー)
チャンスがあれば是非観に行きたいけどどうかな~
(情報を下さった graceさんはじめみなさんありがとうございました!)

また
チャイセン廃業情報にもちびっとびっくりした
というか さもありなんと思ってしまった
最後に行ったのは4年か5年前の今頃
当時 派遣でお手伝いをしてくれたいた若いの 実は中国通だったのが最後の最後になってわかって
退職されるお礼にジャッキーチュンの「真夏の果実」のカバーが入ったCDを買いに行ったんだった...
そのずいぶん前には 同じ天王寺でも茶臼山の路地裏 こんなところに!っちゅう場所にあったなぁ...
あの頃は たいした情報もなかったし
インターネットも黎明期やった... (あゝ懐かしい!)

そういえば
MMが3月に台湾へ遊びに行くんやった!
その頃には「那些年,我們一起追的女孩」のDVD出てるかなぁ...
これは 是非買ってきてもらわねば...


「激走」(鳥飼否宇 小学館文庫 ISBN:9784094084856)読了(すぐに読めます!)
12月の福岡国際マラソンが舞台なんですね
「んなアホな...」と思ってしまわないでもないけど
まぁ 熱くなりながら読みました
マラソン 42.195キロをただ走るだけではなく
人生そのものが2時間と少しの間に凝縮されているんだなぁ...

続いてカバーを掛けたのが
新刊で買ったのに そのまま積読の山に埋もれていた
「雪男は向こうからやって来た」(角幡唯介 集英社 ISBN:9784087814767)
この書き手さんの前作「空白の5マイル」は良かったなぁ
まだ40ページほどしか進んでいないけど わくわくしながらページを繰ってます
[PR]
by hangzhou21 | 2012-02-10 22:12 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 神明市 ■ 第四弾 >>