■ 苦いコーヒー

苦い酒
そんなに飲んでいないのに 悪酔い
まぁ 醜態をさらしてしまったわけではないけど
一昨夜のような楽しい酒ではなかったのは確か

別の若いのと(またしても)九段下で待ち合わせ
この若いのも もう結論を出している
話しを聴きながら ほんと 苦いコーヒーをすする
昨夜といい今朝といい
耳にしたことを別の若いのたちにどう伝えていけばいいのか
本当にアタマを悩ますのはこれからか...


新春浅草歌舞伎 (昼の部・浅草公会堂)
・南総里見八犬伝 ~ 富山山中の場  大塚村庄屋蟇六内の場  円塚山の場
・夕霧 伊左衛門 廓文章(くるわぶんしょう) ~ 吉田屋
今年は竹三郎さんが出ているからなのか(?)「花形」ではなくなっているのは少し淋しい
普通は亀治郎に目が行くと思うんだけど
ボクは壱太郎のこの一年の成長と存在感に目を見張ってしまった
う~ いつだったか まだまだ少年の面影だったのに
押しも押されぬ若手女形をリードする存在にまですっかり成長 
いいです!
「廓文章」って初めて拝見したけど こんなお話しだったのね
ボクが知っている近松ものとはちと違ったけれど
こんなふうに 理屈ぬきに楽しくてハッピーエンドなのもいい
壱太郎はもちろんだけど 愛之助 春猿 そして竹三郎さんもいいですね
(もちろん吉太郎くんの太鼓持もかわいくて良かったです!)

初春歌舞伎公演 (国立劇場)
・三人吉三巴白浪(さんにんきちさともえのしらなみ)
・奴凧廓春風(やっこだこさとのはるかぜ)
去年の浅草花形だったか はじめて「三人吉三」を通しで観て
複雑怪奇でなんちゅうえげつないお話しなんや!とのけぞったものだったけど
今回 浅草では端折られていたニ幕目「伝吉内」「お竹蔵」もあったし全体像を知っている
それでも まぁ またしてものけぞってしまう...
普通は序幕の「大川端庚申塚」だけ でも ここだけだと ほんまさっぱりわからない
(それ以後も 普通 さっぱり筋が通らないねんけど...)
河竹黙阿弥さん どんなこと考えてこのお話しを書いたのでしょう?
ところで
金太郎くんはまだ小学1年生なんですね かわいくていいです!
[PR]
by hangzhou21 | 2012-01-21 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ お坊吉三 ■ 魚鐵でも獺祭 >>