■ 1.17

これまではそんなことをほとんど考えなかったけれど
東北で大震災があったからか それとも 50歳を迎えたからなのか
「もし 阪神大震災がなかったら どうだったんだろう?」
そんなことを思う
今までは
もし地震が起こらなかったら...なんて考えるのは
ナンセンスで意味が無いことだと思っていた(まぁ今でもそうだけど)
17年前の地震
間違いなく ボクの人生において大きなターニングポイントになった

そんなこんなで迎えた「1.17」
この日付そのものには大きな感慨もないけれど
もう17年も過ぎたのか...


「大江戸釣客伝(上下)」(夢枕獏 講談社 ISBN:9784062169998)
数ヶ月前に新古書店さんで上下セットで買った
それ以来 この本は見かけていないから 重たかったけどあの時にすぐに買って良かった!
結論を言えば お話しとしてはやや尻切れトンボなんだけど
釣りが好きな人 釣りにはまったことがある人なら 些細なことは気にならない
問題なく面白い
どうして釣りをするのか そんな根源的なことを考えさせてくれます
(もちろん 答えなんかないんだけどね!)
釣とは関係ないけど
赤穂藩士の討ち入りなんかも新しい視点を教えてくれて興味深いし
何より この元禄時代というのが実に刺激的で面白い時代なんだと
改めて教えてもらいました!

この週末に東京へ行くので
重い単行本は持って行くのが億劫
東京往復+滞在中にどれだけ読むかはわからないけど切れるのは絶対に避けたい 
というワケで 先日買ったお話しの中から
以下の三冊にカバーを掛けました
「「社会を変える」を仕事にする」駒崎弘樹 ちくま文庫 ISBN:9784480428882
「迷える者の禅修行」(ネルケ無方 新潮新書 ISBN:9784106104046)
「知らざ言って聞かせやしょう」(赤坂治績 新潮新書 ISBN:978410610024X)

そうか~
もう二十日だから「楊令伝」の新しいのも出るのか...
[PR]
by hangzhou21 | 2012-01-17 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ ホイル焼き ■ 本を開かなかった休日 >>