■ 寒椿

c0067706_9571100.jpg


次から次へと仕事が押し寄せてきて
否応無しに仕事モードにスイッチが切り替わった
でも 明日から三連休だけどね

えべっさんや厄神さんの頃はやっぱり一年で一番寒い
大阪の街を歩いていても 思わず首をすくめてしまう
この時期は花が少ないね 寒いから仕方ないけど
どれでも 前にも少し書いたけれど寒椿(サザンカ)がこの冬はどこも綺麗に咲いている
見回すとツバキの葉が陽の光を浴びてツヤツヤしてる
でも たくさんあるツボミはどれもまだ硬そうだなぁ...

職場で新年会 20名弱ほどの人数で鶏鍋だったから
新年会というよりも テーブル単位での飲み会みたいやったなぁ...
帰り道は風が冷たくて一気に酔いもさめてしまいました



「銀盤のトレース age15 転機」(碧野圭 実業之日本社文庫 ISBN:9784408550572)
このあいだ読んだ「銀盤のトレース」の続編(続編がいきなり文庫で出るのはヘンな気もするけど...)
この「age15 転機」だけ読んでも充分面白いと思います
スケートをする理由は“好き”とか“楽しい”だけでいい
でも 歳を経て いろいろ見えるようになったり壁に当たったりするうちに
その理由はずいぶん変わってしまうんだな
スケートそのもの コーチ 家族 学校 友だち ライバル 怪我 そして自分自身
自分の心や気持ちにどれだけピュアでいられるのか
そんなことをまだ若い朱里ちゃんから教えてもらいました
もう一作くらい続きが読みたくなります

「セキタン! ぶちかましてオンリー・ユー」(須藤靖貴 講談社 ISBN:9784062172233)
一気に読んでしまった
相変わらずこの書き手さんは上手いね
でもいろいろ考えさせられて いろいろ考えてしまった
15歳の中学三年生が大相撲入門を決意する そこまでの葛藤は上手く書けているけど
本当に主人公の銀小関に頷けるかどうかは 周囲も含めてやや疑問
誰も彼の決意に対して簡単に賛同してしまうのもどうかな?
入門してからのストーリーはいい
初土俵で勝てない その後の初勝利の描写はうまいなぁ!
ラストはどうも頷けない(甘い!)けど まぁいいか
「こんな決断(選択)もあるんだ」と強く印象に残りました
銀部屋のちゃんこ むっちゃ美味しそう!

続いてもうひとつ須藤さんが書いた相撲のお話し
「力士ふたたび」(須藤靖貴 ハルキ文庫 ISBN:9784758436120)
これ読みます!
明日から初場所の初日
[PR]
by hangzhou21 | 2012-01-06 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ BigAmerican ■ 初夢 >>