■ 新春合同トレ

c0067706_18271087.jpg


昨朝の雨 トレーニングはお休みしたので
今朝は 森の音さんを誘って トレッキングとサイクリング
篠山にある白髪岳(721.8m)と三田の青野ダム湖半コースを同時に攻める
おかげで 全身に激しい筋肉疲労 もうアカン...

Qちゃん SpanishExpressの隣に森の音さんのDeROSA号を積み込む
まず
白髪岳を目指す
一年ほど前から狙っててんな
でも こんなに厳しくかつ危ないコースだとは思わなかった
前半の急登しかり ラストのロープ&鎖場しかり...
残雪もあって こんな感覚久しぶりやなぁ
しかし 先日のゴロゴロでも痛切に知らされたけど お山歩きに使う筋肉と自転車の筋肉は全然違うなぁ
全身汗びっしょり(冷や汗も含む)でヤッケを脱ぐと 白い湯気が上がるのがわかる

青野ダム(千丈寺湖)へ移動して バイクを組み立てる
想像以上に気持ちいいコースだった (あったかくなったら)また走りたい
ボクはまだまだ脚が足りなくて 森の音さんには太刀打ち出来そうもない
素直に一周すれば20キロ弱のはずだったんだけど
慣れなくて素直に周回道路を走れず(そういう意味でも“もう一回”やね)
太ももやふくらはぎがヘロヘロ これ以上はアカンなぁ... お腹もペコペコ
もう少ししっかりトレーニングしようと誓う“新春合同トレ”でした


2011年の最後を飾ってくれたのは
ず~っと探していて半年ほど前に新古書店さんで出会ったお話し(これでこの書き手さんは今のところ制覇!)
「中学んとき」(久保寺健彦 角川書店 ISBN:9784048739696)
アホみたいなお話しなんだけど
中学の時って なにかなにつけ 純粋で一直線なんだな
でも それが(オトナにとって)いい方に作用するかどうかはまた別の問題
価値観が単一で 別の角度から検証できないし 視野が極端に浅く狭いんや
そんなことを思い出させてくれました
まぁ“青い”んやなぁ... ほろ苦いのではなく ある意味苦々しい
いい加減で妥協した者だけが“大人しくていい子”なんやなぁ...

続いて 2012年新春の一冊目
少し前に紀伊國屋さんのweb書店から取り寄せた
「銀盤のトレース」(碧野圭 実業之日本社 ISBN:9784408535678)
いやはや すぐにでもリンクに行って滑走したくなるなぁ
もちろん ジャンプなんて出来ないんやけど... まぁ そんなことは関係なく身体が動かしたくなる
小学生の朱里(しゅり)ちゃんがフィギュアスケートに打ち込むお話しなんだけど
単なるスポ根ではなくて 家族や友達が上手く描かれていますね
舞台が名古屋なので 話し言葉の「名古屋弁(?)」やや違和感を感じるけど
どうして「名古屋弁」だったのかは ラスト近くでちゃんと納得できます
浅田真央ちゃんや安藤美姫もこんなふうに育ってきたのかな?
続編(「銀盤のトレース age15 転機」碧野圭 実業之日本社文庫 ISBN:9784408550572)もあるので それも楽しみ!
しっかり取材してるよな 専門用語が多すぎるような気もするけど 好きな人にはそれがたまらないのかな?
すぐに読めますよ まずまずのオススメ!

そうか!
とりあえず 1月は難しいお話しはやめてスポーツ三昧としよ~!
[PR]
by hangzhou21 | 2012-01-03 18:26 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 自主トレ ■ 壽 新春大歌舞伎 >>